2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月


Legend  Denver Nuggets  NewYork Knicks  Los Angeles Lakers  Chicago Bulls  Dallas Marvericks  Boston Celtics  Oklahoma City Thunder  Miami Heat Miami Heat
Los Angeles Clippers  Orlando Magic  Minnesota TimberWoleves  New Jersey Nets  Portland Trail Blazers  Detroit Pistons  San Antonio Spurs  Cleveland Cavaliers

人気ブログランキングへ
来場時に応援クリックをお願いします!!ランキングアップにご協力を^^

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.10 (Fri)

RK Classic #54 【C,Boozer】

クラシック54は先日FAとなり、新天地シカゴブルズに移籍をした
カルロス・ブーザーです~


Carlos Boozer HomeHome
Carlos BoozerAway

名前:カルロス・ブーザー Carlos Boozer
背番号:5
年齢:28歳
誕生日:1981/11/20
身長:206㎝
体重:121㎏
出身大学:デューク大学
現所属チーム:シカゴ・ブルズ
Yeas Pro:8年目
ポジション:PF
ドラフト:全体35位(2002)


スタッツ(09~10)赤字は今シーズン上昇

ポイント:19.5
アシスト:3.2
リバウンド:11.2
ブロック:0.5
スティール:1.1
ターンオーバー:2.7


" カール・マローンの再来 "

★プレイスタイル★
その強靭な肉体とフィジカルの強さはリーグでもトップクラス。
ポストアップからのオフェンスの技術も非常に高く、オフェンスリバウンドも
量産するパワーフォワードの典型。
しかし、ディフェンスにおいては難があり、『オフェンスはやる気が見えるが、
ディフェンスはやる気0』といった声も上がるほど。
また、シュートフォームが独特で、頭の後ろから放り投げるようなフォームで、
リーグでも随一の変わったフォームの選手。


●紹介●
2002年のドラフトでキャバリアーズに指名されNBA入りを果たす。
2巡目35位と周囲の評価は低かったが、ブーザーはキャブスの地でルーキーシーズン
平均10得点7.5リバウンドと目まぐるしい活躍ではないが、期待以上の活躍を見せる。
2003年に当時低迷していたジャズと契約し、移籍をする。
再建のキーマンとしてジャズに移籍したブーザーは、その期待に応えるかのように、
平均17.8得点9リバウンドとチームに貢献する。
しかし、怪我に苦しみチームは低迷から脱出できずにいる中、2005年に若手PGの
デロン・ウィリアムスがチームに加わる。
このデロンとブーザーのタッグは、さながら往年のレジェンドである、
ジョン・ストックトンとカール・マローンのコンビを思い出させるものとなる。
この2人のコンビでジャズは低迷から脱出し、一気にウェスタンリーグの上位グループに
登りつめる。
その後、09~10シーズン終了後にブーザーはFAとなり、シカゴ・ブルズに
移籍を決める。
スポンサーサイト
16:13  |  NBA Classic  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rk22.blog70.fc2.com/tb.php/110-8b7e0a17

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。