2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月


Legend  Denver Nuggets  NewYork Knicks  Los Angeles Lakers  Chicago Bulls  Dallas Marvericks  Boston Celtics  Oklahoma City Thunder  Miami Heat Miami Heat
Los Angeles Clippers  Orlando Magic  Minnesota TimberWoleves  New Jersey Nets  Portland Trail Blazers  Detroit Pistons  San Antonio Spurs  Cleveland Cavaliers

人気ブログランキングへ
来場時に応援クリックをお願いします!!ランキングアップにご協力を^^

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.12 (Fri)

RK Classic #76 【R,Allen】

クラシック76ボストン・セルティックス
レイ・アレンです!

Ray Allen #1 AwayHome

Ray Allen #1 HomeAway


名前:レイ・アレン Ray Allen
背番号:20
年齢:35歳
誕生日:1975/7/20
身長:196㎝
体重:93㎏
出身大学:コネチカット大学
現所属チーム:ボストン・セルティックス
Yeas Pro:15年目
ポジション:SG
ドラフト:全体5位(1996)


スタッツ(09~10)赤字は今シーズン上昇

ポイント:16.3
アシスト:2.6
リバウンド:3.2
ブロック:0.3
スティール:0.8
ターンオーバー:1.6

経歴
1996-2003 ミルウォーキー・バックス
2003-2007 シアトル・スーパーソニックス(現オクラホマシティ・サンダー)
2007-現在 ボストン・セルティックス


" 現役最高シューター "

●紹介●
大学時代にはコネチカット大学で大学オールアメリカンの
1stチームに選ばれ、さらにはビッグイーストカンファレンスの
最優秀選手にも選ばれた。
NBAのドラフトでは全体5位でミネソタに指名されるが、直後
ミルウォーキーにトレードされ、アレンのキャリアが始まる。
ルーキーイヤーから活躍をし、その年のオールスターのイベントでは
スラムダンクコンテストにも出場している。
01~02シーズンのスリーポイントコンテストでは見事優勝を果たしている。
翌02~03シーズンには、トレードでシアトルへ移籍をする。
シアトルではラシャード・ルイスとともにチームを牽引。
03~04シーズンにカンファレンスセミファイナルへと導いた。
2007年1月12日のユタ戦では、キャリアハイとなる54得点を記録し
NBAでも屈指のスコアラーの1人へと成長をする。

2007年6月28日にシアトルとボストン間による大型トレードにより
アレンはボストンへ移籍。ピアース・ガーネット・アレンのBIG3を結成する。
このBIG3の結成によりボストンは一気に強豪チームへ変貌。
その年のシーズンではNBAファイナルへと進出。
ファイナルでは当時優勝候補のレイカーズと対戦。
セルティックスは持ち前のディフェンスを発揮し、レイカーズを4勝2敗で
退け、悲願の優勝を遂げる。
このファイナルのゲーム6ではファイナルのタイ記録となる7本のスリーを決めた。

08~09シーズンでは、チーム歴代最高の19連勝をし連覇を狙うが主力の
故障もありカンファレンスセミファイナルで敗退。
この年アレンはキャリアハイタイのFG成功率48%、
キャリアハイのFT成功率95.2%を記録した。

09~10シーズンには、チームの高齢化や主力の不調もあり、
セルティックスは後退。プレイオフでは周囲の下馬評を退け、優勝候補の
キャバリアーズやマジックを破り2年ぶりとなるNBAファイナルへ進出。
2年前と同じ顔合わせとなるレイカーズ対セルティックスの対決。
2年ぶりのファイナル制覇を狙うが、コービー率いるレイカーズに敗退。
しかし、アレンはこのファイナルでファイナル記録となる8本のスリーを決めた。


★プレイスタイル★
NBAの歴史の中でも屈指のピュアシューターの1人。
シュート能力が非常に高く、またリリースが尋常では
ないほど速いため、ブロックをするのが非常に困難である。
味方のスクリーンを活用し、少しでもスペースができれば
容赦なくシュートを放つが、無理なシュートは打たず、
シュートセレクションが良い。
また非常に勝負強く、リーグを代表するクラッチシューター
としても有名である。
スポンサーサイト
23:21  |  NBA Classic  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rk22.blog70.fc2.com/tb.php/198-2c84364a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。