2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月


Legend  Denver Nuggets  NewYork Knicks  Los Angeles Lakers  Chicago Bulls  Dallas Marvericks  Boston Celtics  Oklahoma City Thunder  Miami Heat Miami Heat
Los Angeles Clippers  Orlando Magic  Minnesota TimberWoleves  New Jersey Nets  Portland Trail Blazers  Detroit Pistons  San Antonio Spurs  Cleveland Cavaliers

人気ブログランキングへ
来場時に応援クリックをお願いします!!ランキングアップにご協力を^^

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.04.10 (Sun)

NBA News 【新たな歴史の1ページ】※訂正あり

Ty Lawson Blog #1

" ローソン 10本の3PでNBAレコード一歩手前 "

昨日ロードでオクラホマシティ・サンダーに敗れホームに帰ってきたデンバー・ナゲッツ
今日の対戦相手は同ディビジョンのミネソタ・ティンバーウルブズ

怪我人が多数出ているナゲッツ
ウィルソン・チャンドラーが怪我のため欠場
アーロン・アファラロクリス・アンダーセンも復帰していないため
ナゲッツの今日の欠場者はチャンドラーアファラロアンダーセンティモフィ・モズコフの4人

一方ティンバーウルブズはエースのケビン・ラブを欠いている状態


そんな両チームの今日のスターティングラインナップ


Minnesota Timberwolves (17-62) 106
PG L・リドナー
SG W・ジョンソン
SF A・トリバー
PF M・ビーズリー
C  N・ペコビッチ



Denver Nuggets (48-31) 130

PG T・ローソン
SG G・フォーブス
SF D・ガリナリ
PF K・マーティン
C  ネネイ



チャンドラーが欠場のため、ゲイリー・フォーブスがスターターへ

両チームの初得点はウルブズのウェズリー・ジョンソンの3Pシュート
両チーム淡々とプレイをし、序盤は互いに流れが来ないまま時間が経過
1Q途中にベンチからレイモンド・フェルトンが出場
フェルトンの加入により、パスが上手く回り始めます。
ケニオンは今日も元気が良く、ティップダンクも序盤に見せてくれ、会場を盛り上げてくれました。

シックスマンのJR・スミスは1Qで2本の3Pを決め、23-25で2点リードで2Qへ

2Qに入りメンバーが入れ替わります。
怪我人多きナゲッツはベンチからコスタ・クーファスを投入

2Qは序盤ウルブズの流れで展開され、33-26と逆転しウルブズがリード
しかし、ここでエンジンが動き出したのがナゲッツ

フェルトンの3P、ネネイのダンク、アル・ハリントンの速攻で一気に39-41と再逆転
一度流れに乗ったナゲッツは止まらず、立て続けにJR、ローソンが3Pを決め
更にはネネイのAnd1、フォーブスのレイアップ
23-5のランをこのQに決め、前半終了時で51-65と大きくリードを広げる

後半3Qに入り、待っていたのはタイ・ローソンのショータイム
3Q残り8分で3Pを決めた時点ですでに6/6と高確率で決めます。
盛り上がる会場を更に盛り上げるかのようにローソンは止まらず
残り4分に1本残り2分に1本残り1分に1本残り38秒に1本決め
10本3Pを打って10本全て決めるという神業!!


3Q終了時にブザービーターを狙って打った3Pは惜しくも入らなかったため11本中10本でしたが、十分すぎる偉業

3Q終了時ですでにナゲッツの得点は100点を超え、ウルブズがこのゲームに入る余地はなく

4Qはもはや消化モードに
ローソンの偉業の余韻が残っている会場で一人ちゃっかりシュートを決めていたのは3PシューターのJR・スミス
4Qのみで3本の3Pを決め、試合を通して6本の3Pを決めます。

結局ナゲッツがこのゲーム全てを総なめにし、106-130で大勝!!


ナゲッツは試合を通して38本中19本の3Pを決め、FG成功率は52%

NBAレコードを決めたナゲッツのタイ・ローソンは10本のスリーを含む37得点7リバウンド6アシストを記録し、先日の試合で
記録したキャリアハイの28点を大きく塗り替える高得点
JR・スミスは6本の3Pで18得点8リバウンドを記録
レイモンド・フェルトン11得点14アシストを記録

ナゲッツはこの他に5人のプレイヤーが2ケタ得点を記録し、合計8人の選手が2ケタ得点を記録


大敗したティンバーウルブズは
マーテル・ウェブスター15得点5アシスト
ジョニー・フリン10得点9アシストを記録




いやいやいやいやいや・・・ 神!!!

正直このブログの文章では表しきれないほど、驚き、喜び、感動・・・

10本連続で3Pを決めるなんてありえないですね。NBAライブでもできないですわ(笑)


途中ウルブズの選手が『おいおいおいまじかよ』みたいな感じで正直試合どころではない状況でしたね。


ガロが怪我のためかわかりませんが、途中バックに下がったまま出てこなかったんで心配ですね。


※先ほどブログを更新しましたが、正しくはNBAレコードではなたっかようです。
3Q終了時に外さなければレコードだったようですが、外してしまったためレコード達成にはいたらなかったようです。
一時誤報を流してしまい申し訳ありませんでした。



タイ・ローソン


この男の名前は歴史に刻まれた
スポンサーサイト

テーマ : NBA - ジャンル : スポーツ

20:03  |  NEWS  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rk22.blog70.fc2.com/tb.php/372-99fe5f55

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。