2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月


Legend  Denver Nuggets  NewYork Knicks  Los Angeles Lakers  Chicago Bulls  Dallas Marvericks  Boston Celtics  Oklahoma City Thunder  Miami Heat Miami Heat
Los Angeles Clippers  Orlando Magic  Minnesota TimberWoleves  New Jersey Nets  Portland Trail Blazers  Detroit Pistons  San Antonio Spurs  Cleveland Cavaliers

人気ブログランキングへ
来場時に応援クリックをお願いします!!ランキングアップにご協力を^^

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.04.14 (Thu)

NBA News 【レギュラーシーズン最終戦】

DEN Logo #13

" ベンチメンバー奮起も最終戦勝利で飾れず "

プレイオフの対戦相手がオクラホマシティ・サンダーに決まり
2010~2011のレギュラーシーズンの最終戦はアウェイでのユタ・ジャズとの試合

ジャズはプレイオフ進出を逃したが、ホームでのシーズン最終戦のため、
ファンへの感謝をこめて試合に臨む

ウェスト5位が決定しているナゲッツは、プレイオフに向けて主力であるアーロン・アファラロ
ケニオン・マーティンネネイレイモンド・フェルトンダニーロ・ガリナリを温存
ティモフィ・モズコフは依然として怪我から復帰できず、この試合も欠場

そんな明暗分かれる試合となったこの試合のスターティングラインナップ


Denver Nuggets (50-31) 103
PG T・ローソン
SG G・フォーブス
SF W・チャンドラー
PF A・ハリントン
C  K・クーファス


Utah Jazz (38-43) 107
PG D・ハリス
SG G・ヘイワード
SF P・ミルサップ
PF D・フェイバーズ
C  A・ジェファーソン



欠場していたウィルソン・チャンドラーが復帰し、
ローソンとチャンドラー以外はベンチメンバーで組まれた今日の試合
ベンチにはJR・スミスクリス・アンダーセンメルビン・イーライの3人


試合はチャンドラーのジャンプシュートからスタート
両チーム淡々とシュートを決め、点差が離れないままゲームは進行

メンバー不足ながらも『全員バスケ』で点を取りに行くナゲッツに対し、
ジャズはPGのハリスを起点にオフェンスを展開する
中でもルーキーのゴードン・ヘイワードのシュートがよく決まり、3Pシュートやミドルレンジなど得点面でチームを牽引

1Qはどちらも好調にシュートを決め、31-29でわずかにナゲッツがリード

2Qに入ってすぐにヘイワードが3Pを決め、31-32と逆転
その直後ジャズがオフェンスの場面、ヘイワードのシュートをブロックに飛んだローソンが着地の際に
ヘイワードの足を踏み、足を捻ってしまうアクシデント
が発生

ローソンはその場で倒れこみ、自力で立つことはできず、途中欠場することに。

この試合唯一のPGのローソンを欠いてしまったことで、ナゲッツはPG無しで試合をする状況に立つ。
そこでフォーブスがボール運びを兼任し、試合は再開

ローソンを欠きながらもナゲッツはジャズと対等に渡り合い、2Q終了時で58-61と3点ビハインドで後半へ

後半3Qでもヘイワードのシュートは止まらず、前半あったリードを更に広げる
負けじと3Q途中にはフォーブスのアリウープパスからJRのバックダンクも決まり、何とか食らいつくナゲッツ
それでも点差を縮めることができず、3Q終了時で78-82で最終Qへ

4Qは一転してナゲッツが流れを掴む
4Q序盤にはヘイワードの3Pで点差が広げられながらも、JRのレイアップや、フォーブスのシュート、
チャンドラーのジャンプシュートが決まり、93-93と一気にタイへ
その後も両チームシュートを決め続け、残り3分までほぼリードなしの接戦

残り2分にハリントンが3Pが決まり、103-99と勝負を決めに来るナゲッツだが、
ヘイワードのFTで103-103とタイに戻し、残り35秒にジェファーソンのフックシュートが決まる
これが決勝打となり103-107でシーズン最終戦の接戦をジャズが勝利した

勝ったジャズは
ゴードン・ヘイワードが5本の3Pを含むキャリアハイの34得点を記録
デビン・ハリス21得点6アシスト
アル・ジェファーソン17得点10リバウンドのダブルダブルを記録


接戦に敗れたナゲッツは
ウィルソン・チャンドラーがチームハイの27得点6リバウンド
ゲイリー・フォーブス17得点6リバウンド
コスタ・クーファス14得点6リバウンドを記録




勝敗うんぬんよりローソンが心配!!


いや~予想外!!

あれだけの動き、運動量ならいつ怪我してもおかしくないのは前から心配していましたが、
まさか最終戦で怪我してしまうとは・・・

カールHCはプレイオフに間に合うとは言っていますが、心配ですね。


試合の内容に戻りますと、ナゲッツの層の厚さにまた驚かされましたね。
ニックスメンバー加入後、出場時間が減っていたフォーブスや、ハリントンがこの試合頑張ってましたね~
この2人だけではなく、若手のクーファスもいいんですよね~

エネルギッシュでパワフルですし、モズコフ同様将来性溢れる選手の1人です。

今日の試合は敗戦しましたが、内容としては全然悪くないと思います。
ジャズも怪我人を何人か抱えていますが、そのジャズ相手にベンチメンバーのみでここまでやれたのは健闘ですね。

唯一心配なのはローソンの怪我のみ





打倒サンダー!!アップセットに期待!!
スポンサーサイト

テーマ : NBA - ジャンル : スポーツ

19:49  |  NEWS  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rk22.blog70.fc2.com/tb.php/379-89ad502b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。