2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月


Legend  Denver Nuggets  NewYork Knicks  Los Angeles Lakers  Chicago Bulls  Dallas Marvericks  Boston Celtics  Oklahoma City Thunder  Miami Heat Miami Heat
Los Angeles Clippers  Orlando Magic  Minnesota TimberWoleves  New Jersey Nets  Portland Trail Blazers  Detroit Pistons  San Antonio Spurs  Cleveland Cavaliers

人気ブログランキングへ
来場時に応援クリックをお願いします!!ランキングアップにご協力を^^

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.04.18 (Mon)

NBA News 【ガチ勝負】

DEN Logo #17

" ナゲッツ接戦に敗れ貴重な1勝を落とす "

レギュラーシーズンを5位で通過した新生デンバー・ナゲッツ
シーズンでも50-32と勝ち越し、50勝にも到達させた。
そんなナゲッツのプレイオフ1stラウンドの対戦相手は、同ディビジョンのオクラホマシティ・サンダー
数年前から成長を続けるサンダーは、今シーズンとうとうノースウェストディビジョンのトップに君臨
レギュラーシーズンも55-27の成績で4位でプレイオフに突入

怪我人に悩まさているナゲッツですが、今日の試合はアーロン・アファラロのみが欠場
そんな重要なプレイオフ初戦
両チームのスターティングラインナップ


Denver Nuggets (50-32) 103

PG T・ローソン
SG W・チャンドラー
SF D・ガリナリ
PF K・マーティン
C  ネネイ


Oklahoma City Thunder (55-27) 107

PG R・ウェストブルック
SG T・セフォローシャ
SF K・デュラント
PF S・イバカ
C  K・パーキンス



プレイオフ初戦の初得点はナゲッツのネネイ
会場全てがサンダーのホームカラーの『青色』に包まれ、ナゲッツにとっては完全アウェイの状態だが
序盤から流れを掴みリードをするナゲッツ
チャンドラーやガリナリのシュートも良く決まり、1Qはナゲッツがリードし続け33-24とサンダー相手に好スタート

一転して2Qは、サンダーのデュラントやウェストブルックが本格的に動き出し、1Qにあった得点差をみるみる縮める
ナゲッツも負けじと高確率でシュートを沈めますが、サンダーの勢いを抑えきることはできず、
2Q終了時で60-59とわずか1点差に

1Qはナゲッツの流れ、2Qはサンダーの流れ、そして3Qは両チームどちらも譲らぬ点取り合戦に突入
ウェストブルックが決めれば、チャンドラーが決め返し。デュラントが3P決めれば、ネネイがアンド1を決める。
しかし3Q残り1分にサンダーのメイナーが3Pを決め82-86で3Q終了

大接戦となったGAME1はいよいよ4Qへ
サンダーの流れをハリントンやフェルトンのシュートで4Q始まってすぐに86-86のタイに戻す
デュラントやウェストブルックがゾーンに入りながらも、ナゲッツの選手は諦めず必死に食らいつく
4Q残り1分にはガリナリのジャンプシュートで101-100と再逆転に成功
ナゲッツに一瞬『1勝』の文字が浮かんだ瞬間、サンダーのウェストブルックがシュートを決め101-102と逆転
一気に盛り上がる会場、そしてその流れを完全に掴んだまま試合終了のコールが鳴る

プレイオフGAME1は103-107サンダーが勝利


勝ったサンダーは
ケビン・デュラント41得点9リバウンド
ラッセル・ウェストブルック31得点6リバウンド7アシストを記録

負けたナゲッツは
ネネイがチームハイの22得点8リバウンド
ダニーロ・ガリナリ18得点4リバウンド2アシスト
レイモンド・フェルトン12得点8アシストを記録





いや~~~~    もったいない!!!絶対勝てる試合だった!!


『アウェイ』『デュラントとウェストブルックの好調』この条件であった今日の試合をものにできれば
メンタル的にもたいぶ大きかったんですがね~

個人的に感じた今日の試合の良い点・悪い点
まず良い点は、全員で点を取りに行き、全員でリバウンドやディフェンスに取り組むことができたこと
そして新チームで初のプレイオフにしては気負いせずにプレイできたことだと思います。
そして大量得点はされましたが、デュラントへのディフェンスは要所要所で出来ていたのが印象的でした。
正直今リーグのトップの得点能力を持つデュラントを完璧に抑えるなんてまず無理です。
しかもそれがまだまだ粗削りなナゲッツでは尚更です。今日の試合では、チャンドラーとガリナリが
いいディフェンスを見せてくれたのがよかったです。結果としては、デュラントがそれの上を行ってしまいましたが・・

悪い点は、フリースロー外し過ぎ。予想外のウェストブルックでの失点。ちょっとしたミス。
まず今日の試合に限ったことではないですが、フリースローを外し過ぎですね。これは非常にもったいない。
特にネネイは3月以降はシャック化してますからね。
続いて今日の試合でウェストブルックに31得点許したこと。アファラロが復帰すればこれは抑えられそうな感じですね。
JRが今日の試合は何か空気になっている印象を持ちました。サンダーに対して気負いし過ぎているのか、
プレイオフにのまれているのかはわかりませんが、プレイが消極的過ぎでしたね。
通常なら3P打つところでも躊躇してらしくないプレイをしたりなど、どうしたJR!?という感じです。


全ては結果次第なんで切り替えるしかないです!!




今日の言葉は『もったいない』
GAME2まじで期待します





今日行われたその他の試合結果


メンフィス・グリズリーズ(Z・ランドルフ 25P)      101-98      サンアントニオ・スパーズ(T・パーカー 20P)

ニューオリンズ・ホーネッツ(C・ポール 33P)      109-100      ロサンゼルス・レイカーズ(K・ブライアント 34P)

ニューヨーク・ニックス(A・スタウダマイアー 28P)      85-87      ボストン・セルティックス(R・アレン 24P)

スポンサーサイト

テーマ : NBA - ジャンル : スポーツ

23:47  |  NEWS  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rk22.blog70.fc2.com/tb.php/384-c4dd42c4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。