2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月


Legend  Denver Nuggets  NewYork Knicks  Los Angeles Lakers  Chicago Bulls  Dallas Marvericks  Boston Celtics  Oklahoma City Thunder  Miami Heat Miami Heat
Los Angeles Clippers  Orlando Magic  Minnesota TimberWoleves  New Jersey Nets  Portland Trail Blazers  Detroit Pistons  San Antonio Spurs  Cleveland Cavaliers

人気ブログランキングへ
来場時に応援クリックをお願いします!!ランキングアップにご協力を^^

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.11 (Wed)

NBA 特集 【2010-2011 Season Award】

" 2010-2011 Season AWARD "

マイアミ事変ブルズ伝説の予兆メロ事変ラブの大記録・・・などなど
今年のレギュラーシーズンも大方の予想を大きく覆し、そしてNBAの歴史に残る出来事が多々ありました。

先日発表されたMVPや新人王など2010-2011シーズンの各受賞とその受賞者をまとめたいと思います。




" MVP "

Derrick Rose #2 Face
【デリック・ローズ】

【2010-2011 STATS】
得点:25P (+4.2)
リバウンド:4R (+0.3)
アシスト:7.7A (+1.7)
スティール:1S (+0.3)
ブロック:0.6B (+0.3)
FG成功率:44.5%
3P成功率:33.2% (+6.5)
FT成功率:85.8% (+9.2)
出場時間:37.4M (+0.6)

レギュラーシーズン最高のプレイをした選手に贈られる最高の賞。
満場一致の文句なしの受賞です。今シーズンエースとしてチームを牽引し
シーズン通して62勝をマーク。リーグでもトップの成績でチームをプレイオフに導きました。
個人スタッツの面でもほぼ全てにおいてキャリアハイの数字を残しました。
特に3PやFTの成功率が目覚ましく上がったのが素晴らしいですね。
この成功率の上昇が平均得点を上げた要因でもあるでしょう。
強く鋭いドライブ、豪快なダンク、流麗なレイアップ、意表を突く3P・・
様々なスキルを手にしたローズを止めることは至難の技であり
3年目のローズの成長はまだまだ止まらないでしょう。
本当に将来が楽しみな選手です。

2位はマジックのドワイト・ハワード


" Coach of the Year "
Tom Thibodeau Face
【トム・ティボドー】

シーズンで最も優秀なHCに贈られるこの賞。
就任して1年目にも関わらず、チームに62勝というリーグトップの戦績をもたらしました。
就任1年目で62勝をマークしたのは歴史上ティボドーを含めて2人のみです。
ブルズに就任する前はセルティックスで3年間アシスタントコーチを務め、
主にディフェンスのスペシャリストとして知られていました。
ディフェンスに長けたチームであったブルズに加わったことで
そのディフェンス力はリーグ随一のものになりました。
まだ若いHCで経験も浅いですが、選手からの信頼は厚く
HCとしての潜在能力も非常に高いと思います。

2位は76ersのダグ・コリンズHC
3位はスパーズのグレッグ・ポポヴィッチHC


" Defensive of the Year "
Dwight Haword #2 Face
【ドワイト・ハワード】

【2010-2011 STATS】
得点:22.9 (+4.6)
リバウンド:14R (+0.9)
アシスト:1.4A
スティール:1.3S (+0.3)
ブロック:2.3B (+0.3)
FG成功率:59.3%
3P成功率:0%
FT成功率:59.6% (+0.4)
出場時間:37.6M (+2.9)

シーズンを通して最もディフェンスに優れた選手に贈られる賞。
もはや文句なしの受賞であり、ハワードはこれで3シーズン連続の受賞です。
今シーズンも例年同様にゴール下の存在感はリーグでもトップクラスです。
Nextシャックと言われた若き頃からハワードの成長は止まりません。
年々スキルを上達させ、苦手のFTも徐々にですが克服しつつあります。
仮にFTを完全に克服することができれば、得点数も大幅に上がることでしょう。
しかし、彼の成長とは裏腹にチームはなかなか優勝に近付くことができず。
今シーズンのプレイオフも相性の良いはずのホークス相手に敗戦。
2012年にFAになるだけにその去就に注目が集まるでしょう。
一説ではレイカーズという噂もあり、今シーズンのナゲッツとメロのように
様々な噂や情報が飛び交うことになるでしょうね。


2位はセルティックスのケビン・ガーネット
3位はマーベリックスのタイソン・チャンドラー


" 新人王 "
Blake Griffin Face
【ブレイク・グリフィン】

【2010-2011 STATS】
得点:22.5P
リバウンド:12R
アシスト:3.8A
スティール:0.7S
ブロック:0.5B
FG成功率:50.6%
3P成功率:29.2%
FT成功率:64.2%
出場時間:38M

最も優れたルーキーに贈られる賞。
もはや万人が認めるこの受賞ですね。
シーズン開幕前は今ドラ1のウィザーズのジョン・ウォールとの
一騎打ちが予想されていましたが、その予想もシーズンが開幕すれば一蹴。
その強く豪快なプレイスタイルから"怪物"とまで言わしめるその活躍は圧巻です。
ルーキーでありながらオールスターにも選出され、スラムダンクコンテストでも優勝をするなど
一部ではMVPの候補にも挙がるほどの活躍でした。
その反面チームが大幅に勝利数を伸ばすことはありませんでしたが、
チームメイトのエリック・ゴードンとのコンビは将来確実に化ける存在でしょう。
個人的には昨シーズン怪我で1年まるまる時間を置いたのも、今シーズンのグリフィンの
飛躍に繋がったと思っています。
正直ここまでのインパクトは2003年のレブロン以来の印象を持ちますね。
1年目ですでにスター選手の仲間入りをしたグリフィン・・・恐るべし。


" MIP "
Kevin Love Face
【ケビン・ラブ】

【2010-2011 STATS】
得点:20.2P (+5.8)
リバウンド:15.2 (+4.3)
アシスト:2.5A (+0.2)
スティール:0.6S
ブロック:0.3B
FG成功率:47% (+2)
3P成功率:41.7% (+8.7)
FT成功率:85% (+3.5.)
出場時間:35.8M (+7.6)

シーズンを通して最も成長した選手に贈られる賞。
この受賞に値する選手はオードリッジやライト、フェルトンなど
候補が多数いましたがラブ以上の成長を遂げた選手は見つかりませんね。
ティンバーウルブズというドアマットチームでありながら毎試合得点とリバウンドで
ダブルダブルを量産した今シーズンのラブは衝撃的でしたね。
中でも連続50試合以上ダブルダブルを記録し、NBAレコードの記録を叩き出したのも凄まじいです。
シーズンを通してリバウンドでも平均15リバウンドを記録し、リーグ屈指のセンターの
ハワードを抑えて堂々のリバウンドトップの成績を残しています。
そして若干まだ3年目のラブの成長はこれで終わらないでしょう。
チームとしてはこのまま残り続けて欲しいでしょうが、すでにリーグを
代表する選手に成長したラブがこのまま下位チームに残るかは疑問ですね。
これからもラブの成長とその動向が気になりますね。


2位はブレイザーズのラマーカス・オードリッジ
3位はウォリアーズのドレル・ライト

" 6th Man of the Year "
Lamer Odom Face
【ラマー・オドム】

【2010-2011 STATS】
得点:14.4P (+3.6)
リバウンド:8.6R
アシスト:3A
スティール:0.5S
ブロック:0.7B
FG成功率:53% (+6.7)
3P成功率:38.2% (+6.3)
FT成功率:67.5%
出場時間:32.2M (+0.7)

レギュラーシーズンで最も活躍しチームに貢献したベンチの選手に贈られる賞。
マブスのテリーやホークスのクロフォード、ナゲッツのJRを抑えての受賞ですね。
このオドムに限ったことではありませんが、このシックスマン賞の候補に挙がるのは
皆スタータークラスの実力を持った選手ばかりです。
しかし、このオドムと他の候補選手との違いはその貢献の『幅広さ』。
テリーやクロフォードは得点能力とその爆発力でチームに勢いをもたらしますが、
オドムは得点、リバウンド、アシストなど幅広くチームに貢献しています。
スターターの実力は十分持っているのに、チームの勝利のために自らベンチ出場を
選んだオドムの忠誠心は素晴らしいと思います。
そしてそれはチームメイトやHCの信頼にも繋がっています。
そこも加味すればこの受賞は妥当なものだとわかります。
残念ながら今シーズンはプレイオフ2ndラウンドでチームは敗退してしまいましたが
ベテランとしてこれからも活躍して欲しいものです。


2位はマーベリックスのジェイソン・テリー
3位は76ersのタディーアス・ヤング





以上2010-2011シーズンの各アワードの受賞者を紹介しました。
プレイオフも徐々にファイナルに近付き、今シーズンも終盤に向かっていますので
今回のような"特集"をまたアップしていきたいと思います。
"スタッツ王""ナゲッツ特集""ドラフト特集"などなど盛りだくさんな企画を考えていますので
これからも応援していただければ幸いです^^
最近ではコメントをくれる方が増えており、そのコメントやブログ拍手、ブログランキングなどは
私にとってイラストやブログ作成のモチベーションなんです!!


写真などは絶対に使わずイラストオンリーのため
多少華に欠けるかもしれませんが、これからもよろしくお願いします^^
DEN Link
スポンサーサイト

テーマ : NBA - ジャンル : スポーツ

17:12  |  特集  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

いつも日課のごとく
楽しみに見てます(^ω^)
楽しみにしてるんで
がんばって
更新してくださーい!
ゆーきん |  2011年05月12日(木) 01:29 |  URL |  【コメント編集】

●>>ゆーきんさん

ゆーきんさんこんにちは!!

そう言っていただけると嬉しいですし、モチベーションも上がります!!
ご期待に応えられるように精進しますんで、これからもよろしくお願いします^^
またコメントしてくださいね~

ありがとうございます^^
RK22 |  2011年05月12日(木) 16:12 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rk22.blog70.fc2.com/tb.php/407-b4442a35

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。