2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月


Legend  Denver Nuggets  NewYork Knicks  Los Angeles Lakers  Chicago Bulls  Dallas Marvericks  Boston Celtics  Oklahoma City Thunder  Miami Heat Miami Heat
Los Angeles Clippers  Orlando Magic  Minnesota TimberWoleves  New Jersey Nets  Portland Trail Blazers  Detroit Pistons  San Antonio Spurs  Cleveland Cavaliers

人気ブログランキングへ
来場時に応援クリックをお願いします!!ランキングアップにご協力を^^

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.10 (Tue)

NBA News 【Three Kings】

MIA Logo #6

" OTを征したヒートが3-1で王手をかける "

優勝候補のロサンゼルス・レイカーズダラス・マーベリックスにスウィープされ
メンフィス・グリズリーズオクラホマシティ・サンダーを苦しめているウェスタン
対称に2-2と大方の予想以上にシカゴ・ブルズに善戦するアトランタ・ホークス
そしてイーストの覇者ボストン・セルティックスマイアミ・ヒートのカード

セルティックスとヒートのシリーズはここまで2-1とヒートがリードする展開。
今日のGame4ではセルティックスのホームというのもあり、王手をかけられる前に何とかタイに戻したい大事な1戦

因縁の両チームのGame4のスターティングラインナップ


Miami Heat 2th 98
PG M・ビビイ
SG D・ウェイド
SF  L・ジェイムス
PF C・ボッシュ
C  J・アンソニー


Boston Celtics 3th 90
PG R・ロンド
SG R・アレン
SF P・ピアース
PF K・ガーネット
C  J・オニール


 TOT1Q2Q3Q4QOT
MIA982822191712
BOS90312220134

【RECAP】
前の試合腕を脱臼したレイジョン・ロンドもこの試合出場。
ゲームは序盤はセルティックスがリードする展開。
中でもエースのポール・ピアースが好調で序盤から得点を重ねる。
対してヒートはレブロン・ジェイムスが起点となる。
1Q28-31でセルティックスがリードする。

2Qも互い譲らずの状態でこのQ22-22で前半を50-53の3点差で後半で折り返す。

3Qに入ってもヒートはレブロンとウェイドの2人がオフェンス、ディフェンスで中心となる。
Game3大活躍だったケビン・ガーネットはこの試合不調で沈黙。
要所要所でクリス・ボッシュが決め、徐々に流れを引き込む。
どちらも退かぬ展開となった3Qは69-73でセルティックスが何とかリード。

最終4Qは意地と意地のぶつかり合い。
徐々に大きくなりつつあるヒートの流れをピアースが何とか抑えようとするが抑えきれず。
ウェイドの体勢が崩れた状態から3Pやボッシュのティップイン、スリーキングスの華麗なパス回しからの得点など
試合終盤にはヒートが逆転に成功。
しかし、セルティックスも踏ん張り、得点をタイに戻すとそのまま4Q終了のコールが鳴り決着はオーバータイムへ。

86-86でOTがスタートし、会場はセルティックスの勝利に期待し声援を送るが
最初に流れを掴んだのはアウェイのヒート。
スリーキングスの得点が重なりジワジワと点差が広がる。
会場の声援むなしく試合は最初に流れを掴んだヒートが98-90で勝利した。
OTヒートは12得点に対し、セルティックスはたったの4点であった。

勝ったヒートは
レブロン・ジェイムス35得点14リバウンド3アシスト3スティール
ドゥウェイン・ウェイド28得点9リバウンド4アシスト
クリス・ボッシュ20得点12リバウンドを記録

負けたセルティックスは
ポール・ピアース27得点8リバウンド4ターンオーバー
レイ・アレン17得点2リバウンド2アシスト
ケビン・ガーネット7得点10リバウンドを記録



今日の試合セルティックスは何としてでも勝ちたかった、というより勝たなければいけませんでしたね。
これでシリーズ3-1でヒートがリードし、次のGame5はマイアミのホームなだけにこれはピンチです。
今日の試合を見る限り改めてBIG3の威力を思い知りますね。そしてボッシュの活躍が渋いですが
粗削りな所を補うようなプレイでこれもまた相手からしたらキツイ。
正直この状況でセルティックスがシリーズ逆転するのはだいぶ厳しいでしょう。
ロンドの怪我やシャックの不在などなど今のセルティックスには不安要素が多すぎますし、
そんな状態で勝てるほど今のヒートは脆弱ではないですからね。
もはやシーズン開幕前のヒートとはまったくの別物です。
仮にこのままヒートが勝ち上ったとすれば、次はブルズがホークス。
2-2でタイですがブルズが優勢ですかね。




正直ウェストのレイカーズやスパーズがいなくなった今、ファイナル制覇はどのチームにも
チャンスがあると思います。


でも『まだ』ヒートには優勝して欲しくないような・・・
スポンサーサイト

テーマ : NBA - ジャンル : スポーツ

14:27  |  NEWS  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rk22.blog70.fc2.com/tb.php/408-e67f0fa1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。