2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月


Legend  Denver Nuggets  NewYork Knicks  Los Angeles Lakers  Chicago Bulls  Dallas Marvericks  Boston Celtics  Oklahoma City Thunder  Miami Heat Miami Heat
Los Angeles Clippers  Orlando Magic  Minnesota TimberWoleves  New Jersey Nets  Portland Trail Blazers  Detroit Pistons  San Antonio Spurs  Cleveland Cavaliers

人気ブログランキングへ
来場時に応援クリックをお願いします!!ランキングアップにご協力を^^

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.13 (Fri)

NBA 特集 【2010-2011 All NBA】

" 2010-2011 All NBA "

波乱のプレイオフ。昨季ファイナルセットのレイカーズとセルティックスがカンファレンスセミファイナルで
姿を消す中、2010-2011シーズンのオールNBAの1stチーム、2ndチーム、3rdチームが選出されました。


【1stチーム】
Derrick Rose #2 Face Kobe Bryant #2 Face Kevin Durant #3 Face LeBron James #3 Face Dwight Haword #2 Face
D・ローズK・ブライアントK・デュラントL・ジェイムスD・ハワード

今シーズンのMVPのローズを筆頭にリーグのトップスター5人が選出されました。
ローズ以外はお馴染みのメンバーとなりました。
ローズが1stチームに選出されるのはキャリア初です。MVPと共に1stチームにも選出され
今シーズンは一気に名を挙げたシーズンになりましたね。
リーグトップPGのCP3を抑えての選出は素晴らしいことです。
レギュラーシーズン中は1stチームの候補にニックスのスタウダマイアーの名前が挙がっていましたが
2ndチームに留まってしまいましね。シーズン終盤とプレイオフで怪我のため精彩を欠いたのも大きかったでしょう。
ハワードはあと数シーズンは確実に1stチームに選出され続けるでしょうね。
コービーは年齢による衰えが見える今シーズンでしたが、まだまだ若手にこの座を譲るなんてことはないでしょう。
レブロンもハワード同様これからも不動は確実です。デュラントもまだまだ成長を続けている故に今後も
選出され続ける可能性は高いですが、ノヴィツキーやメロの存在があるため確立とは言いにくいかもしれません。
来シーズンどのような選出結果になっているのか楽しみですね。


【2ndチーム】
Russell Westbrook Face Dwayne Wade #2 Face Dirk Nowitzki #2 Face Amar'e Stoudemire #3 Face Pau Gasol Face
R・ウェストブルックD・ウェイドD・ノヴィツキーA・スタウダマイアーP・ガソル

1stチームには惜しくも選出されなかった5人のメンバー。
注目はサンダーのウェストブルック。個人スタッツでは平均得点を大幅に上げ、
今シーズンは自身初のオールスターにも選ばれていました。サンダーではエースのデュラントと相棒として
チームに貢献し、今プレイオフではデュラント以上の活躍をすることもしばしば。
ターンオーバーやシュートアテンプトが多いなど、懸念を挙げる声もありますが、堂々の2ndチームに選出です。
スリーキングスの1人のウェイドは3年連続の1stチーム選出はならず。2ndチーム選出はキャリアで3回目です。
マブスのノヴィツキーは2年連続のキャリア5回目の選出となりました。今シーズンは層の厚いマブスの
エースとして十分な活躍をし、チームも久々のカンファレンスファイナルに進出をしました。
1stチーム選出候補のニックスのスタウダマイアーはキャリア4回目の選出となりました。
今シーズンナゲッツからメロをチームに迎えますが、なかなか勝利には結びつかずチームもプレイオフ初戦敗退。
怪我にも苦しんだことで惜しくも1stチーム選出を逃してしまいました。
レイカーズのガソルはキャリア初の2ndチーム選出。これまで3rdチームの選出が最高でしたが
今シーズンようやく2ndチームに選ばれました。
レギュラーシーズンの活躍とは裏腹にプレイオフでは一気に精彩を欠き、チームも3連覇の夢が潰えました。


【3rdチーム】

Chris Paul #2 Face
C・ポール
【M・ジノビリ】
【L・オードリッジ】
【Z・ランドルフ】
【A・ホーフォード】

リーグトップの呼び声高いCP3が3rdチームに留まったのは驚きですね。
プレイオフではレイカーズを相手にトリプルダブルを叩き出したのは記憶に新しいですが、
ローズにも抜かれ、更にはウェストブルックにも差し置かれたのは本人も悔しいでしょう。
ジノビリ、ランドルフ、オードリッジ、ホーフォードは今シーズンの注目でしたね。
特にランドルフは一気に変貌を遂げました。"ブラックホール"から数シーズン遅咲きではあるかもしれませんが
ようやく落ち着ける居場所を見つけた感じですね。今プレイオフに入ってすぐにチームとも
延長契約を結び、グリズリーズの可能性を大いに広げてくれる選手に成長しました。
オードリッジも他の選手に比べるとあまり目立たないですが、その能力の高さは皆が認めます。
今シーズンはオールスターの候補にも挙がり、年々着実に成長をしているだけあって、ホント楽しみな選手です。
ホーフォードも同様に華はないですが、チームへの貢献度はとても大きいです。
オールスターにも選出され、これからのホークスの軸として活躍していくでしょう。




以上今シーズンのオールNBAのチームを紹介しましたが、
徐々に若い選手の名前が挙がっており、"世代交代"を感じさせる今年のメンバーでした。
来シーズンのオールNBAには今年の新人王のグリフィンの名前が入ってても全然おかしくないですね。
スポンサーサイト

テーマ : NBA - ジャンル : スポーツ

12:39  |  特集  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rk22.blog70.fc2.com/tb.php/412-fc97c2eb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。