2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月


Legend  Denver Nuggets  NewYork Knicks  Los Angeles Lakers  Chicago Bulls  Dallas Marvericks  Boston Celtics  Oklahoma City Thunder  Miami Heat Miami Heat
Los Angeles Clippers  Orlando Magic  Minnesota TimberWoleves  New Jersey Nets  Portland Trail Blazers  Detroit Pistons  San Antonio Spurs  Cleveland Cavaliers

人気ブログランキングへ
来場時に応援クリックをお願いします!!ランキングアップにご協力を^^

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.06.02 (Thu)

RK Classic #119 【L,Odom】

クラシック119ロサンゼルス・レイカーズ
ラマー・オドム

Lamer Odom HomeHome
Lamer Odom AwayAway

【名前】ラマー・オドム Lamar Odom
【背番号】7
【年齢】31歳
【誕生日】1979/11/6
【身長】208?
【体重】104?
【出身大学】ロードアイランド大学
【現所属チーム】ダラス・マーベリックス
【Yeas Pro】11年目
【ポジション】SF/PF
【ドラフト】全体4位(1999)

" リーグ最高のユーティリティプレイヤー "

【経歴】
1999-2003 ロサンゼルス・クリッパーズ
2003-2004 マイアミ・ヒート
2004-2011 ロサンゼルス・レイカーズ
2011-現在 ダラス・マーベリックス

【スタッツ(10~11)】赤字はCareer Hight ※更新日現在
 Career10-11
G82982
GS67835
MPG35.632.2
FG%46.953
3P%32.138.2
FT%69.967.5
RPG8.88.6
APG43
SPG0.90.5
BPG0.90.7
TO2.51.7
PPG14.614.4

【紹介】
ニューヨーク州クイーンズ区出身。サウスポーのリーグでも屈指のユーティリティプレイヤー
高校時代にUSA Today紙の全米1stチームに選手される。大学はロードアイランド大学でプレイをし、
2年時にはチームをアトランティック・10カンファレンスのトーナメント優勝に導く。
ロードアイランド大学の2年生終了と同時にNBAドラフトにアーリーエントリーをし、
全体4位指名でロサンゼルス・クリッパーズに入団する。1年目からオドムはチームに貢献し、
平均16.6得点7.8リバウンド4.2アシストを記録し、オールルーキー1stチームに選出される。
2003年のプロ4年目にマイアミ・ヒートに移籍する。ルーキーでったドゥウェイン・ウェイドとデュオを組み、
そのシーズンにチームのプレイオフ進出に貢献をする。03-04シーズン終了後にロサンゼルス・レイカーズに移籍。
05-06シーズンにチームが名匠フィル・ジャクソンHCと契約を結ぶ。トライアングルオフェンスの一角として
重要な役割を担う。ジャクソンHC就任以降レイカーズは見事再建に成功するレイカーズ。
08-09シーズンには悲願の優勝に大きく貢献する。実力はスタータークラスでありながら10-11シーズンには
チームの勝利のためにあえて6thマンの道を選ぶ。その貢献度から10-11シーズンに6thマン・オブ・ザ・イヤーに
輝く
。チームは3連覇を目指したもののカンファレンスファイナルでダラス・マーベリックスにスウィープで敗退する。
2010年に行われた世界選手権ではレブロン、コービーら大物不参加のアメリカ代表に選ばれ、
ベテランとして若い選手を上手くまとめ上げる。そのユーティリティは世界でも十分活き、
見事アメリカ代表に金メダルをもたらした。

【プレイスタイル】
PGからCまで全てのポジションをこなすことができるユーティリティプレイヤー
3Pからポストオフェンスまでそのオフェンスのバリエーションの豊富さはリーグでも随一
何かにとび抜けた能力を持っているわけではないが、バランスの良さ、広さは
オドムの一番の特徴
。FTの確率が少し悪いというのが欠点だが、リバウンド力も
高いためダブルダブルをすることも珍しくない。

【AWARDS】
NBA Champion (2009-2010)
6th Man of the Year (2011)
All-Rookie 1stチーム (2000)

【Season Hights / Career Hights】
 SHCH
R2022
A712
S45
B49
P2934

【小ネタエピソード】
NBAの中でもトップの甘党として知られている。特にキャンディが大好物
2009年9月にセレブ一家のカーダシアン三姉妹の末っ子のクロエ・カーダシアン
 交際1カ月の超スピード婚をする。
妻のクロエは夫のオドムと一緒に使える香水欲しさにオリジナルの香水をプロデュースする。
 香水の名前は2人の絆を表す『アンブレーカブル(Unbreakable)』と命名された。
 この一件では海外で『イタ過ぎるセレブ達』として別の意味でも注目されている。


☟☟新項目の『小ネタ』をアップしました!!他にも面白いエピソードをご存じの方はコメントよろしくです^^
Lamer Odom Lanking
スポンサーサイト

テーマ : NBA - ジャンル : スポーツ

17:24  |  NBA Classic  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rk22.blog70.fc2.com/tb.php/432-8f7d506c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。