2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月


Legend  Denver Nuggets  NewYork Knicks  Los Angeles Lakers  Chicago Bulls  Dallas Marvericks  Boston Celtics  Oklahoma City Thunder  Miami Heat Miami Heat
Los Angeles Clippers  Orlando Magic  Minnesota TimberWoleves  New Jersey Nets  Portland Trail Blazers  Detroit Pistons  San Antonio Spurs  Cleveland Cavaliers

人気ブログランキングへ
来場時に応援クリックをお願いします!!ランキングアップにご協力を^^

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.06.13 (Mon)

NBA News 【NBA Finals Game6】

DAL Logo #5
" 悲願のファイナル制覇 "

Game4,5で連勝しついにファイナルに王手をかけたダラス・マーベリックス
もはや1敗も許されない極限の状況のマイアミ・ヒート
注目のGame6のスターティングラインナップ


Dallas Mavericks 3th
PG J・キッド
SG J・バレア
SF S・マリオン
PF D・ノヴィツキー
C  T・チャンドラー


Miami Heat 2th 
PG M・チャルマーズ
SG D・ウェイド
SF  L・ジェイムス
PF C・ボッシュ
C  J・アンソニー


 TOT1Q2Q3Q4Q
DAL10532212824
MIA9527242123

【RECAP】
-1Q-
ここまでずっとPGにビビイを起用していたスポルストラHCですが
今日は好調のチャルマーズをスターターに起用しました。
バレアが積極的に攻めることでゲーム自体が点の取り合いの展開になりました。
これまでロースコアゲームに持ち込もうとしていたヒートでしたが、一転して
マブスの土俵のスコアリングゲームに乗り出しました。
残り5分にノヴィツキーが早くも2つ目のファウルを犯してしまいベンチへ後退。
ノヴィツキー不在のピンチに奮い立ったのが6thマンのテリーでした。
放つシュートをほぼ決めてこのQだけで9得点を記録しました。
残り1分にチャンドラーも2つ目のファウルを犯してしまいベンチへ。
このファウルトラブルでマブスは衰退するのではなく、逆にメンバー全員が
奮い立つ感じで試合に集中しました。
1Q序盤はレブロンも好調でしたが、マブスの勢いにのまれた感じになり
32-27でマブスが5点リードして終えました。

-2Q-
2Q始まり流れを掴んだのはアウェイのマブスでした。
マヒンミの活躍スティーブンソンが1Qの1本に次いでこのQ2本連続して3Pを沈めます。
一気に12点差まで差を広げたマブスでしたが、ここからヒートが怒涛の反撃
ハウスの3Pをきっかけに連続して得点を重ね、最大得点差の12点を帳消しにしました。
このヒートの猛攻後にスティーブンソンとチャルマーズが乱闘間際のもみ合いになるという
アクシデントが起き、この一件でスティーブンソン、チャルマーズ、ハスレムの計3人に
テクニカルファウルが取られることになりました。
ヒートの流れで来ていたものの、この一件で流れは中立となり、そこで再び流れを
掴んだのはマブスでした。ここまで好調のテリーがここでも2本の3Pやジャンパーを沈め
残り2分で51-49と再逆転に成功しました。
ここまでテリー絶好調に対してエースのノヴィツキーは絶不調。
2Qは53-51でマブスが2点リードして終了しました。
テリーは10本中8本のFGで19得点ノヴィツキーは11本中1本のFGで3点
たった1つのトラブルで一気に流れが変わった2Qでした。

-3Q-
3Q初っ端にノヴィツキーのジャンパー、チャルマーズの3Pで両チーム得点します。
速くスコアリングゲームの展開であった1,2Qに比べ3Qは両チームどこか慎重かつ確実に攻めます。
3Q途中にチャンドラーが4つ目のファウルを犯しベンチへ後退しましたが、
完全復調とはいかないもののノヴィツキーが得点を取り始めました。
レブロンもどこか存在感が薄くなりつつあるこのQ。
オレオレというよりはお膳立てを意識し過ぎているような印象を持ちますね。
他のプレイヤーもレブロンにお膳立てされてせっかく獲得したFTも決められず。
逆にベテランのキッドが非常にいい活躍でした。今シリーズシュートにも積極的に取り組むものの
ターンオーバーが非常に多い試合が多々ありましたが、今日は無駄なプレイありません。
必要なところ、大事なところで確実にシュートを決めました。
3Q終了間際にはマヒンミがブザービートを決め81-72で最終Qへ。

-4Q-
FTがまるで入らないヒート。
そこにつけ込むかのようにマブスは得点を重ねリードを広げられます。
ウェイドのドリブルミスや、レブロンのバンクショットのエアボールなどどちらかと言えば
自らのミスで自滅しつつあるヒートでした。残り8分には完全に集中力が切れかかり急きょTOをコール。
ここまで不調であったノヴィツキーもほぼいつものタッチを取り戻します。
残り5分にボッシュがチャンドラーからファウルを引き出しながらシュートを決め点差を7まで縮めます。
しかしここからヒートが止まりました。オフェンスリバウンドを何本も取られ、ショットクロック24秒を
全て使われてから最終的には決められるという肉体的にも精神的もイタイ状況。
99-89で残り2分を切ってからは会場のお客さんが帰り始め、残ったお客さんは立ってもはや神頼み
残り30秒にノヴィツキーがレイアップを決めて会場全てがマブスの勝利を確信
キューバンオーナーもベンチに入り選手と一緒に吠えてました。笑
試合時間が0を刻み、ついにマブスの優勝が決定しました!!最終スコアは105-95!

MVPはダーク・ノヴィツキー!!
ビル・ラッセルからノヴィツキーにMVPトロフィーが授与されました!!


優勝したマーベリックスは
ダーク・ノヴィツキー21得点11リバウンド2スティール
ジェイソン・テリー27得点3リバウンド2アシスト2スティール
ジェイソン・キッド9得点4リバウンド8アシストを記録しました。

負けたヒートは
レブロン・ジェイムス21得点4リバウンド6アシスト
クリス・ボッシュ19得点8リバウンド
ドゥウェイン・ウェイド18得点7アシスト3スティールを記録しました。



『マブス優勝おめでとう!!』

チームを創設して以来の初優勝!!
ノヴィツキー、キッド、テリー、チャンドラー、マリオンなどこれまで優勝に縁がなかったベテラン勢。
ノヴィツキーは一時は優勝リングを手にするためにチームから出るのではという噂が挙がる時期もありましたが、
11年間マブスに残り続け今シーズン悲願の優勝リングを手にすることができました。
今日のGame6では序盤は不調に苦しみながらもテリーやバレアらチームメイトに助けられ
終盤には本来の調子を取り戻し、自らのシュートで勝利を決定づけました。

『ゲーム展開』も勝敗に大きく関わりましたね。
これまで何試合もしていますが、ほぼすべてヒートが得意としている『ロースコアゲーム』でした。
しかし今日の試合でスポルストラHCはチャルマーズを先発PGに起用。マブスの土俵でもある
『スコアリングゲーム』に乗り出しました。堅実なビビイではなく、シュート力やトランジションにも強い
チャルマーズやベンチPGのハウスを中心に起用しました。
そのため両チームオフェンスメインとなり何度もリードチェンジが起こりましたね。
しかし、あえて慣れないトランジションゲームに乗り込んだものの慣れないスタイルゆえに
ミスをしたり多少躊躇してしまっている場面がけっこう見られました。

また『3Kの存在感』も今日の試合ではどこか沈静化。
ファイナル平均28点を上げていたウェイドの支配力もなく、ボッシュもいつも通りの活躍でした。
特にレブロンが今日の試合はレブロンらしくなかったです。ウェイド、ボッシュ不在の時間帯にも関わらず
周りの選手にパスを回すことを意識し過ぎていた印象を持ちます。3人揃っていたり、他に頼れる得点源が
いるのであればそれはバランスを考えなくてはいけませんが、レブロン1人であれば多少傲慢にでも
攻めて得点に繋げたほうがヒートのスタイルに合っていたと思うんですがね。

『2Qのアクシデント』もこの試合の状況を大きく変えた出来事だったと思います。
スティーブンソンがハスレムにふっかけたのが発端に見えましたが、その後チャルマーズが加わり
乱闘寸前のトラブルに。落ち着いてみればヒートの流れになりつつあったムードも消え去ってしまいました。
形は悪く結果論ですが、スティーブンソンのふっかけが1つ流れを変えるきっかけになってしまいましたね。


試合終了後のノヴィツキーの顔、キューバンの涙、選手たちの歓喜の姿
そして負けたレブロン、ウェイドの悔しさを堪える姿、ボッシュの涙・・・

本当に感動させてくれました!!

3Kを結成し世間ではいろいろ波紋や問題が起こりましたが、ヒートの強さも本物でした。
おそらく来シーズンもこの舞台に再び戻ってくるでしょうね。更に強くなって。


今回のブログですべてを語りつくせるわけもないので
今日はとりあえず試合結果と試合の総括だけさせていただきます!!

また後日『マブス優勝特集』でもやりますのでよろしくお願いします^^

人気ブログランキングへ
『拍手』『クリック』で応援よろしくお願いいたします^^
スポンサーサイト

テーマ : NBA - ジャンル : スポーツ

15:32  |  NEWS  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

やってくれました。我がマブス。
NBAをみて10年。応援するチームが優勝してここまでウレシイなんて。
後日のマブス優勝特集も楽しみに待ってます。
CUrrrrrY |  2011年06月14日(火) 18:00 |  URL |  【コメント編集】

レイカーズの3連覇があるかから始まってスリーキングスの誕生やメロドラマ、相変わらずのキングのKYっぷり等激動のシーズンも終わりましたね。
団結と諦めないという言葉がぴったりくるマブスの初優勝には何か凄い力をもらった気がします。

RK22さんも今年は大変な出来事の中熱いブログをありがとうございました。
いつも楽しく拝見させていただいてました。

来シーズンロックアウト無しでスタートすると良いですね。せっかく良い感じに盛り上がってきてるのにまた水をさして欲しくないものです。

まだまだしんどい時が続くと思いますがくれぐれも無理をし過ぎないペースで更新お願いしますね。
いよかん |  2011年06月14日(火) 22:06 |  URL |  【コメント編集】

●>>CurrrrrYさん

CurrrrrYさんコメントありがとうございます~
マブスやってくれましたね~!

その気持ちが非常にうらやましいです(笑)
ナゲッツもいつか優勝するときを夢見たいと思います。

近々アップしますのでよろしくお願いします~
RK22 |  2011年06月15日(水) 02:53 |  URL |  【コメント編集】

●>>いよかんさん

いよかんさんこんばんは。
コメントありがとうございます^^

ホントに激動のシーズンでしたね~
特にナゲッツファンとしてはメロドラマに相当振り回されました(笑)

こうやってみなさんに閲覧してもらい、交流できることが私にとって一番の喜びですので、辛い時期でも乗り切ることができました。
震災中のいよかんさんのコメントは非常に嬉しかったです。
改めてありがとうございました。

ロックアウトの懸念がありますが、これからもイラストをバシバシ描き、ブログでNBAの情報をお届けしたいと思っていますのでいよかんさん、これからも応援よろしくお願いいたします!!
RK22 |  2011年06月15日(水) 02:59 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rk22.blog70.fc2.com/tb.php/449-617de7c7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。