2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月


Legend  Denver Nuggets  NewYork Knicks  Los Angeles Lakers  Chicago Bulls  Dallas Marvericks  Boston Celtics  Oklahoma City Thunder  Miami Heat Miami Heat
Los Angeles Clippers  Orlando Magic  Minnesota TimberWoleves  New Jersey Nets  Portland Trail Blazers  Detroit Pistons  San Antonio Spurs  Cleveland Cavaliers

人気ブログランキングへ
来場時に応援クリックをお願いします!!ランキングアップにご協力を^^

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.06.24 (Fri)

NBA News 【NBA Draft 2011】

NBA Draft Logo #1

" NBA Draft 2011 指名結果 "

ついに行われたNBAドラフト2011!!
様々な憶測なされる中で各チームチームの将来をかけて若きプレイヤーを指名しました。
労使協定の交渉難からロックアウトが高まっているため、コミッショナーのデビッド・スターンが登場と同時に
会場からは割れんばかりのブーイング(苦笑)
そんな状態から始まったドラフト、その結果はこちら↓↓

1, カイル・アービング (CLE)
  PG デューク大学

2, デリック・ウィリアムズ (MIN)
  SF アリゾナ大学

3, エネス・カンター (UTA)
  PF ケンタッキー大学

4, トリスタン・トンプソン (CLE)
  PF テキサス大学

5, ヨナス・バランチュナス (TOR)
  C リトアニア

6, ヤン・ヴェセリー (WAS)
  SF チェコ

7, ビスマック・ビヨンボ (SAC) ⇒ MIL-CHA-SAC間でトレード (CHA)
  PF コンゴ

8, ブランドン・ナイト (DET)
  PG ケンタッキー大学

9, ケンバ・ウォーカー (CHA)
  PG コネチカット大学

10, ジマー・フレデッテ (MIL) ⇒ MIL-CHA-SAC間でトレード (SAC)
  PG BYU

11, クレイ・トンプソン (GSW)
  SG ワシントン州立大学

12, アレク・バークス (UTA)
  PG コロラド大学

13, マーキーフ・モリス (PHX)
  PF カンザス大学

14, マーカス・モリス (HOU)
  PF カンザス大学

15, カワイ・レナード (IND) ⇒ ジョージ・ヒルとトレード(SAS)
  SF サンディエゴ州立大学

16, ニコラ・ブーチェビッチ (PHI)
  SF サザンカリフォルニア州立大学

17, イマン・シャンバート (NYK)
  PG ジョージア工科大学

18, クリス・シングルトン (WAS)
  SF フロリダ州立大学

19, タバイス・ハリス (CHA)
  SF テネシー大学

20, ドナタス・モティユナス (MIN) ⇒ N・ミロティッチ、B・ミラー、来季指名権とトレード(HOU)
  PF リトアニア

21, ノーラン・スミス (POR)
  SG デューク大学

22, ケニス・ファリード (DEN)
  PF モアヘッド州立大学

23, ニコル・ミロティッチ (HOU) ⇒ J・フリン、D・モティユナスとトレード(MIN)
  PF スペイン

24, レジー・ジャクソン (OKC)
  PG ボストンカレッジ

25, マーション・ブルックス (BOS) ⇒ NJN-BOS間のトレード (NJN)
  SG プロビデンス大学

26, ジョーダン・ハミルトン (DAL) ⇒ DEN-POR-DAL間のトレード (DEN)
  SF テキサス大学

27, ジャジュワン・ジョンソン (NJN) ⇒ NJN-BOS間のトレード (BOS)
  PF パーデュー大学

28, ノリス・コール (CHI) ⇒ MIN-MIA間のトレード (MIA)
  PG クリーブランド州立大学

29, コリー・ジョゼフ (SAS)
  PG テキサス大学

30, ジミー・バトラー (CHI)
  SF マーケット大学

●トレード情報

DEN-POR-DAL

>> DEN
A・ミラー (POR)
J・ハミルトン (POR←DAL)

>> POR
R・フェルトン (DEN)
T・ンゴンボ (DAL)

>> DAL
R・フェルナンデス (POR)

HOU-MIN

>> HOU
J・フリン (MIN)
D・モンティユナス (MIN)

>> MIN
B・ミラー (HOU)
N・ミロティック (HOU)
C・パーソンズ (HOU)
将来の1巡目指名権 (HOU)

IND-SAS

>> IND
G・ヒル (SAS)

>> SAS
K・レナード (SAS)
D・バータンズ (SAS)
E・ローベック (SAS)

MIN-CHI

>> MIN
N・コール (CHI)
M・リー (CHI)

>> CHI
N・ミロティック (MIN)

MIN-MIA

>> MIN
B・ボグダノヴィッチ (MIA)

>> MIA
N・コール (MIN)

NJN-BOS

>> NJN
M・ブルックス (BOS)

>> BOS
J・ジョンソン (NJN)

CLE-ORL

>> CLE
将来の2巡目指名権 (ORL)

>> ORL
J・ハーパー (CLE)

MIL-SAC-CHA

>> MIL
S・ジャクソン (CHA)
S・リビングストン (CHA)
T・ハウス (CHA)
B・ウードリック (SAC)

>> CHA
B・ビヨンボ (SAC)
C・マゲッティー (MIL)

>> SAC
J・サーモンズ (MIL)
J・フレデット (MIL)



『下馬評通りアービングが1位指名』

アービング、デリック、エネス・・・などほぼ順当に指名されましたが7位でキングスはビヨンボを指名。
ビヨンボはイバカを彷彿とさせる天性のブロッカーの逸材で、評価が低いわけではなかったですが、
10位以内で指名されるとは思いませんでしたね。その後トレードでボブキャッツに移籍になりましたが。

ドラフトと並行してトレードも多数起こりましたが、我がナゲッツはフェルトンを放出する代わりにミラーを獲得。
ミラーは以前ナゲッツに在籍した経歴があり、今回出戻りといった展開に。
フェルトンよりも安定性に優れ、ベテランとしての経験も豊富なミラーは正PGのローソンのバックアップでしょう。
まだまだ若く粗削りなローソンをミラーがカバーするのはいい傾向になりそうです。
また、ドラフトで獲得したファリード、トレードで獲得した同じくルーキーのハミルトン。
この2選手は才能に優れるいい選手ですねー。特に私はファリードに注目しています。
『NCAAリバウンド王』と肩書を持ち、パワフルかつディフェンダーとしても優れるファリードは
ナゲッツのスタイルに上手くマッチできると思いますね。しかしファリードの活躍次第では
ケニオンはお払い箱になる可能性が高いでしょう。
ネネイとの契約延長の課題もあるため、最悪の事態の場合としてはいいピックだったと思います。
ファリードは大成するのは考えにくいので、ハスレムのような選手になってもらいたいです。
正直いい選手は獲得できないかと不安に感じていた今年のドラフトでしたが、将来的にもいい選手を
獲得できたと思います。

また日が経つたびにトレードが起こってくると思いますので随時ご紹介したいと思います~


ナゲッツに新メンバーが加わったということで新加入記念でイラストを描かねばいけませんね。

これでロックアウトが起こらなければ最高なんだけどなー

ブログランキングにクリックで当ブログのランキングがアップします!!ご面倒ですがクリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ


【関連記事】
NBA 特集 【2010-2011 NBA Draft】
スポンサーサイト

テーマ : NBA - ジャンル : スポーツ

19:20  |  NEWS  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rk22.blog70.fc2.com/tb.php/459-e0b5a876

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。