2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月


Legend  Denver Nuggets  NewYork Knicks  Los Angeles Lakers  Chicago Bulls  Dallas Marvericks  Boston Celtics  Oklahoma City Thunder  Miami Heat Miami Heat
Los Angeles Clippers  Orlando Magic  Minnesota TimberWoleves  New Jersey Nets  Portland Trail Blazers  Detroit Pistons  San Antonio Spurs  Cleveland Cavaliers

人気ブログランキングへ
来場時に応援クリックをお願いします!!ランキングアップにご協力を^^

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.06.28 (Tue)

NBA News 【ダンカンの意思】

Logo SAS #1

" BIG3解体は回避? "

現地27日にサンアントニ・スパーズのティム・ダンカンアーリー・ターミネーション・オプション(ETO)を
保持していましたが、オプションは施行せずチームに残留する可能性が高いと関係者が明かしました。
2007年にスパーズと2年契約を結び、来季11-12シーズンが契約の最終年となりますが、
仮にETOを施行すれば今オフにFAになる権利が得られますが、FAになることで大幅な減俸になる可能性が
非常に高いことや、ポポヴィッチHCとの関係からも関係者はまずダンカンがオプションを施行することはないとのこと。

今季のダンカンは平均13.4得点8.9リバウンドというダンカンのキャリア史上でも最低の成績であり、
チームもカンファレンス首位でプレイオフに進出するも8位のメンフィス・グリズリーズに敗れるという
屈辱的な敗戦を経験。シーズン終了後トニー・パーカーがトレード候補に挙がるが、実際は
ポポヴィッチHCお気に入りのジョージ・ヒルがトレードさせました。BIG3解体はとりあえず保留という状況。

元ネタ: NBA.com


古豪スパーズの大黒柱のティム・ダンカン
グリズリーズに敗戦して以降歯車がずれ始めていると言っても過言ではないスパーズ。
パーカーのトレード候補を始め、ヒルの放出などあまりいいニュースがあまり流れてないですね。
そしてこの報道の通りダンカンがETOを行使する可能性はまずないでしょうね。
ダンカンにとって今オフにFAになっても何のメリットもありませんからね。
しかし来季終了後にチームが再びダンカンと再契約を結ぶ可能性は現状では低いでしょう。
キャリア14年のダンカンに以前までの圧倒的な支配力はなく、怪我と隣り合わせのキャリアが続いています。
ロックアウトの可能性から来季が行われるか微妙なところですが、下手をすれば来季が
スパーズBIG3の最期のシーズンになるかもしれませんね。



そろそろ労使協定も大詰めですね。
報道されるニュースはみな良くないものばかりですが、少しでも良い結果になってほしいものです。



【関連記事】
RK Classic #39 【T,Duncan】
スポンサーサイト

テーマ : NBA - ジャンル : スポーツ

23:59  |  NEWS  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rk22.blog70.fc2.com/tb.php/464-1fbc62d6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。