2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月


Legend  Denver Nuggets  NewYork Knicks  Los Angeles Lakers  Chicago Bulls  Dallas Marvericks  Boston Celtics  Oklahoma City Thunder  Miami Heat Miami Heat
Los Angeles Clippers  Orlando Magic  Minnesota TimberWoleves  New Jersey Nets  Portland Trail Blazers  Detroit Pistons  San Antonio Spurs  Cleveland Cavaliers

人気ブログランキングへ
来場時に応援クリックをお願いします!!ランキングアップにご協力を^^

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.07.08 (Fri)

RK Classic #127 【L.Sprewell】

ケンプの運転手さんからのリクエスト

クラシック127は1992年から2005年までNBAでプレイをした
ラトリル・スプリーウェル

Latrell Sprewell HomeNYK Home
Latrell Sprewell AwayNYK Away

【名前】 ラトレル・スプリーウェル Latrell,Sprewell
【背番号】 8
【年齢】 40
【誕生日】 1970/9/8
【身長】 196㎝
【体重】 88㎏
【出身大学】 アラバマ大学
【主な所属チーム】 GSW,NYK,MIN
【Pro Career】 13年(1992-2005)
【ポジション】 SG/SF
【ドラフト】 全体24位(1992)

" 荒くれ最恐スコアラー "

【経歴】
1992-1998 ゴールデンステイト・ウォリアーズ
1998-2002 ニューヨーク・ニックス
2002-2005 ミネソタ・ティンバーウルブズ

【スタッツ(Career/通算成績)】
 Career通算
G913913
GS868868
MPG38.635270
FG%42.5-
3P%33.7-
FT%80.4-
RPG4.13724
APG43664
SPG1.41294
BPG0.4396
TO2.72450
PPG18.316712


【紹介】
ウィスコンシン州ミルウォーキー出身。
元々長距離の陸上選手であったが高校4年生のときに本格的にバスケットボールを始める。
大学はスリーリバーズ短大からアラバマ大学に編入する。その後1992年のNBAドラフトに
エントリーし、全体24位ゴールデンステイト・ウォリアーズに指名される。
無名であったスプリーウェルを24位で指名したことから世間からはGMの手腕を
疑う声さえも挙がった。

チームメイトの怪我の影響から1年目から出場機会に恵まれ、ルーキーから
チームトップの出場時間を得た。更には平均15.4得点を記録し、
オールルーキー2ndチームに選出される。
93-94シーズンでもスタッツを上げ、総出場時間はリーグトップの3,533分を記録。
平均得点も6点上乗せの平均21得点を記録し、オールNBA1stチーム
オールNBAディフェンシブ2ndチームをダブル受賞をした。
このシーズンにキャリア初のオールスターにも選出され素晴らしいキャリアを
スタートさせるが、97-98シーズンにスプリーウェルに転機が訪れる。

97-98シーズンからP.J.カリーシモがHCに就任するが、スプリーウェルと
カリーシモの間に確執が起こり始め、ついには1971年12月1日にカリーシモが
暴言を浴びせたことでスプリーウェルが激怒。カリーシモの首を絞める暴力を
するという事件が発生。これによりスプリーウェルは無期限の出場停止の処分が
下り、82試合の出場停止にまで至った。これを最期にスプリーウェルは
ウォリアーズから去ることになった。

98-99シーズン途中にニューヨーク・ニックスへトレードされる。
このときNBAではロックアウトが起こったことでシーズンが50試合に短縮された。
アラン・ヒューストンとポジションが重なっていたが、持ち前の長所を活かし、
得点面でも大きくチームに貢献した。このシーズン8位でプレイオフで進出し、
アップセットを起こし続け見事NBAファイナル進出を達成する。
ファイナルではサンアントニオ・スパーズに4-1で敗れるものの、
5試合で平均26得点という数字を叩き出した。

その後2003年にミネソタ・ティンバーウルブズに移籍をする。
2000年にニックスと結んだ5年契約が04-05シーズン終了と共に契約も満了する。
契約を終えたスプリーウェルだが、他のチームどこからもオファーがなく、
結果このシーズンを最期にスプリーウェルのキャリアが終わりを迎えた

13年のキャリアで3チームでプレイ。
暴行事件やその他プライベートで問題が多かったため『悪童』『問題児』と言われる声が多いが
非常に練習熱心勝利のためであれば何でも受け入れる選手であった。

【プレイスタイル】
スピードとクイックネス、ジャンプ力など身体能力が非常に高い選手。
野性の勘ともいえる反射神経や瞬発力を持つため、オフェンス・ディフェンスの
両面でその高い能力を発揮する。
3Pなどシュート能力も高いが、スタイルとしてはファーストブレイクで
レイアップやアリウープで得点するのを得意とし、最も威力を発揮するタイプ。
非常に爆発力があり、起爆剤としてもチームに与える影響が大きい。

【AWARDS】
All-Star (1994,1995,1997,2001)
All-NBA 1srチーム (1994)
All-Difensive 2ndチーム (1994)
All-Rookie 2ndチーム (1993)

【小ネタストーリー】
カー用品店を経営するほどの『車好き』であり、愛車で
 アメリカ大陸を横断したとう武勇伝を持つ。

ブログランキングにクリックで当ブログのランキングがアップします!!ご面倒ですがクリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : NBA - ジャンル : スポーツ

19:05  |  NBA Classic  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●ワオ!

いやあ素晴らしいです。

スプリーウェルの野性的な感じが伝わってくる力強いイラストですね。

ありがとうございましたm(_ _)m
ケンプの運転手 |  2011年07月08日(金) 19:38 |  URL |  【コメント編集】

●>>ケンプの運転手さん

ケンプの運転手さんこんばんは。

いえいえ!
また何かご希望があればリクエストしてください^^

これからも当ブログをよろしくお願いいたします~
RK22 |  2011年07月08日(金) 20:32 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rk22.blog70.fc2.com/tb.php/470-4857e951

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。