2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月


Legend  Denver Nuggets  NewYork Knicks  Los Angeles Lakers  Chicago Bulls  Dallas Marvericks  Boston Celtics  Oklahoma City Thunder  Miami Heat Miami Heat
Los Angeles Clippers  Orlando Magic  Minnesota TimberWoleves  New Jersey Nets  Portland Trail Blazers  Detroit Pistons  San Antonio Spurs  Cleveland Cavaliers

人気ブログランキングへ
来場時に応援クリックをお願いします!!ランキングアップにご協力を^^

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.24 (Mon)

RK Classic #23

こんにちは~
友人からリクエストを受けたので
描き上げました!

ボストン・セルティックスの
ポール・ピアースです!

paul pierce

名前:ポール・ピアース Paul Pierce
背番号:34
年齢:32歳
誕生日:1977/10/13
身長:201㎝
体重:106㎏
出身大学:カンザス大学
現所属チーム:ボストン・セルティックス
Yeas Pro:11年目
ポジション:スモールフォワード
ドラフト:全体10位(1998)


スタッツ(09~10) 赤字は今シーズン上昇

ポイント:18.3
アシスト:3.1
リバウンド:4.4
ブロック:0.4
スティール:1.2
ターンオーバー:2.3

”セルティックス王朝の大黒柱”


ボストン・セルティックスのチームリーダー『ポール・ピアース』。
全米の名門カンザス大学出身で当時ドラフトされれば3位以内は確実と
周囲が認めるほどの実力をもっていたが、実際には10位で、しかも一番
入りたくなかったボストンに指名される。
ボストンはピアースの少年時代大ファンであったレイカーズのライバルで
あったため、ピアースはセルティックスだけは拒否していた。

ルーキーのときからその才能を遺憾なく発揮し、若手ながらチームを
カンファレンスファイナルまで導いた。
しかし、2003年からチームの低迷が始まる。
本人も怪我に苦しみ、トレードの噂が絶えず、チームも20連敗と、
まさに地獄のようなシーズンが続いたが、ピアースは決してチームから
離れることはなかった。
2004年、そんな長いトンネルを抜けるべく二人の同志が加わった。
当時ウルブズのケビン・ガーネットとスーパーソニックス(現サンダー)の
レイ・アレンの2大スターをチームに加えた。
ピアース、KG、アレンのBIG3で悲願の優勝を誓う。
3人のスター選手、最初は上手くマッチするのか周囲は不安や期待で、
複雑な心境だったが、シーズン始まってすぐいらない心配だったと
気づかされる。
どこからでも得点をとれるオールラウンダーのピアース、NBAナンバー1
シューターといっても過言ではない長距離砲のアレン、卓越したディフェンス、
リバウンド、そしてシュート精度が高いガーネット、
この3人の結成は他チームにとって脅威の一言でしかなかった。

結成したシーズンからチームは連勝を記録、白星を積み重ね、
レギュラーシーズンを1位で通過。
プレイオフも並みいる強豪に土をつけ、NBAファイナルへの切符を勝ち取る。
そこで運命のいたずらであるかのようにファイナルの相手はレイカーズ。
ピアースが少年時代大嫌いであったセルティックスの一員として、
大好きだったレイカーズと戦うことになるとは誰も予想しえなかっただろう。

この因縁の勝負の再現となったこのシリーズ、激戦につぐ激戦だったが、
第6戦、粘るレイカーズを引導を渡すかのように大差をつけ完勝をし、
BIG3結成1年目にして悲願の優勝をはたした。
そしてピアースはファイナルMVPに輝き、王朝復活達成した。

よく08~09シーズン2連覇を狙ったがカンファレンスセミファイナルで
マジック相手にまさかの敗退。シーズンを終えた。

その一年後の09~10シーズン、レギュラーシーズンをまさかの4位で通過。
若手のロンドの成長もあったがいまいち覇気がないレギュラーシーズンであった。
今シーズン終了後にリバースHCやレイ・アレンがチームを離れるという噂が
絶えないのもあり、セルティックス王朝も終了かと囁かれていた。
しかし、プレイオフに入ってみればチームは好調。
レブロン率いる優勝候補のキャブスを叩きつぶし、今現在カンファレンスファイナル
でもマジックに3-0とスウィープでファイナルまであと1歩となっている。



あまり見てる人もいないと思いますが、自分の画力でいいのでしたら
リクエストしてくれればできる限り応えますのでよろしくお願いします~


ではでは~
スポンサーサイト

テーマ : イラスト日記 - ジャンル : ブログ

11:26  |  NBA Classic  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rk22.blog70.fc2.com/tb.php/49-4ab542c8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。