2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月


Legend  Denver Nuggets  NewYork Knicks  Los Angeles Lakers  Chicago Bulls  Dallas Marvericks  Boston Celtics  Oklahoma City Thunder  Miami Heat Miami Heat
Los Angeles Clippers  Orlando Magic  Minnesota TimberWoleves  New Jersey Nets  Portland Trail Blazers  Detroit Pistons  San Antonio Spurs  Cleveland Cavaliers

人気ブログランキングへ
来場時に応援クリックをお願いします!!ランキングアップにご協力を^^

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.11.20 (Sun)

RK Classic #144 【B,Roy】

クラシック144ポートランド・トレイルブレイザーズ
ブランドン・ロイ

Brandon Roy #2 Home

Brandon Roy #2 Away

【名前】 ブランドン・ロイ Brandon,Roy
【背番号】 7
【年齢】 27歳
【誕生日】 1984/07/23
【身長】 198㎝
【体重】 104㎏
【出身大学】 ワシントン大学
【現所属チーム】 ポートランド・トレイルブレイザーズ
【Yeas Pro】 5年目
【ポジション】 SG/PG
【ドラフト】 全体6位(2006) MIN

" 極地に立たされた絶対エースの復活に期待!! "

【経歴】
2006-現在 ポートランド・トレイルブレイザーズ

【スタッツ(10~11)】赤字はCareer Hight
 Career10-11
G32147
GS29523
MPG35.927.9
FG%46.040.0
3P%35.233.3
FT%80.184.8
RPG4.32.6
APG4.72.7
SPG1.00.8
BPG0.20.3
TO1.831.17
PPG19.012.2


【紹介】
ワシントン州のシアトル出身。
高校は地元シアトルのガーフィールド高校に進学。
高校時代優秀な成績を残し、大学に進学する道を選ぶ。
学力面での問題から大学進学は難航し、ワシントン大学に進学後も
他の選手とは出遅れてシーズンの半分が過ぎた後に試合に参加をした。
NCAAを代表する選手へと成長した後2006年にNBAドラフトにエントリー
1巡目全体6位でミネソタ・ティンバーウルブズに指名をされるが、直後
7位でランディ・フォイを指名したポートランド・トレイルブレイザーズとの
トレードにより、ブレイザーズでキャリアをスタートする。128票中127票という
ほぼ満場一致で2007年の新人王を獲得する。リーグ内でも特に平均年齢が
若いブレイザーズのエースとして早くも台頭し、チームを牽引する。
若手ながらすでに実力はオールスタークラスで2007年にはキャリア初の
オールスターにも選抜された
。持ち前の勝負強さからこれまで数々の
ビッグショットを沈めており、クラッチシューターとしても評価が高い。
ロイの成長と共にチームも飛躍を遂げるが、10-11シーズン以降膝の怪我に
苦しみ満足に試合をできることができないシーズンが続く。
現役引退という噂も挙がる中、キャリア6年目を迎えるロイの復活に注目が集まる。


【プレイスタイル】
PGからSFまでこなすことができるコンボガードでありスウィングマン。
ジャンパーを得意とし、3Pからミドルまでシュートレンジは広い。
どんな状況でも冷静であり、試合終盤での勝負強さは圧巻である。
ゲームメイク能力も十分あり、ミスの少ない安定したプレイをする。

【AWARDS】
Rookie of the Year (2007)
All-Star (2008-2010)
All-NBA 2ndチーム (2009)
All-NBA 3rdチーム (2010)
All-Rookie 1stチーム (2007)

【Season Hights / Career Hights】
 SHCH
R1014
A612
S510
B23
P2952


【コメント】
リーグを代表するコンボガードでありまだキャリア5年目ながら
実力はオールスタークラス!! 能力の高さはもはや説明不要、
私が一番賞賛したいのは『ロイの勝負強さ』。おそらくクラッチタイムの
勝負強さはコービーやデュラントら超スターにも引けを取らないでしょう。
08-09シーズン11月6日のヒューストン・ロケッツ戦でのロイの活躍が
それを証明しています。年々成長を続け、より能力に磨きがかかっていましたが
昨季の両膝の怪我により現在は戦線離脱中。強行出場もありましたが
完全復帰までにはまだ時間がかかるようです。某NBA雑誌では、
チームメイトのラマーカス・オルドリッジの活躍により、ロイの放出論
まで挙がっており、まさにブレイザーズ絶対エースのピンチ。
ロックアウトによって空いた時間を利用し、完全復帰を遂げることが
できるのか注目したいです!!



【関連記事】
RK Classic #38 【B,Roy】
Wikipedia(JP) 【B,Roy】


【拍手】にクリックをお願いします^^
スポンサーサイト

テーマ : NBA - ジャンル : スポーツ

17:05  |  NBA Classic  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

プレイオフのロイはヤバかったですね!

泣かされましたねあれは!
ほとんどプレーしてなかったのにあの爆発力はやはりエースですね(ーー;)

そんな選手を使った監督にもロイは特別なんだと思わされてしまいました!

今は懐かしいメロVSロイが好きでした(ーー;)笑
TAKA |  2011年11月21日(月) 00:11 |  URL |  【コメント編集】

●>>TAKAさん

TAKAさんこんばんは~
返事が遅れてしまい申し訳ないです。

昨季のプレイオフ、本来は出場も危ぶまれていたにも関わらず、強硬出場したのはブレイザーズファンでなくても胸に打たれるものがありましたね~。TAKAさんのおっしゃる通り少ない出場時間にも関わらずあの活躍はやはり絶対エースの意地というやつですね!!

我がナゲッツとブレイザーズは同ディビジョンのため対戦回数も多かったですからね。
お互いエース同士の対決は見ごたえがありましたね~。
相手にしたときは本当に恐ろしい選手です。
RK22 |  2011年11月22日(火) 01:38 |  URL |  【コメント編集】

メロと同じでチームを引っ張ってきたロイにはブレイザーズに残って欲しいですね!

てかJR怪我したみたいっすね(ーー;)
膝みたいなんで心配ですね!
ほかのリーグはDFがハードだったりするんでNUGGETSメンバー海外移籍組もきおつけてほしいですね!
TAKA |  2011年11月22日(火) 22:19 |  URL |  【コメント編集】

●>>TAKAさん

JRは早速やってしまいましたね~。
いくら今シーズンは中国残留とはいえ、来季にも影響を及ぼしかねないですからね。
JR含めローソンやガロなど海外勢の怪我は勘弁してほしいものです。
ただでさえ主力が中国移籍で戦力が薄くなっているのに、ダメ押しは厳しいですしね。苦笑
RK22 |  2011年11月24日(木) 22:45 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rk22.blog70.fc2.com/tb.php/530-f66c9c72

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。