2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月


Legend  Denver Nuggets  NewYork Knicks  Los Angeles Lakers  Chicago Bulls  Dallas Marvericks  Boston Celtics  Oklahoma City Thunder  Miami Heat Miami Heat
Los Angeles Clippers  Orlando Magic  Minnesota TimberWoleves  New Jersey Nets  Portland Trail Blazers  Detroit Pistons  San Antonio Spurs  Cleveland Cavaliers

人気ブログランキングへ
来場時に応援クリックをお願いします!!ランキングアップにご協力を^^

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.12.02 (Fri)

RK Classic #145 【K,Irving】

クラシック145クリーブランド・キャバリアーズ
カイリー・アービング

制作意欲に繋がりますのでぜひ【拍手】をよろしくお願いします~


Kyrie Irving Away

Kyrie Irving Home

【名前】 カイリー・アービング Kyle,Irving
【背番号】 15
【年齢】 19歳
【誕生日】 1982/03/23
【身長】 188㎝
【体重】 82㎏
【出身大学】 デューク大学
【現所属チーム】 クリーブランド・キャバリアーズ
【Yeas Pro】 1年目
【ポジション】 PG
【ドラフト】 全体1位(2011)

" キャブス再建の切り札の若きコート上の指揮官 "

【経歴】
2011-現在 クリーブランド・キャバリアーズ

【スタッツ(10~11)】赤字はCareer Hight
 Career10-11
G--
GS--
MPG--
FG%--
3P%--
FT%--
RPG--
APG--
SPG--
BPG--
TO--
PPG--


【スタッツ(NCAA-DUKE)】 
 Career10-11
G1111
GS1111
MPG27.527.5
FG%52.952.9
3P%46.246.2
FT%90.190.1
RPG3.43.4
APG4.34.3
SPG1.51.5
BPG0.50.5
TO2.52.5
PPG17.517.5


【紹介】
オーストラリアのメルボルンに生まれる。
2歳のときにアメリカに戻り、ニュージャージーで住み始める。
高校はニュージャージー郊外に位置するMKAに進学をする。1年目からすでに
エースとして試合で活躍をし、3年生時には強豪校のセント・パトリック高に編入。
強豪校でも変わらず高い成績を残し、高校生のオールスターであるマクドナルド・
オールアメリカン
に選ばれる。大学は国内有数の名門デューク大学に進学をし、
名匠M・シャシェフスキーHCの下1年目から先発PGの座を獲得する。
カレッジの舞台では右足の怪我のため万全の状態で臨むことはできなかったが、
それでもリーグ内でトップクラスの成績を残し、エリートストリートを歩み続けた。
2011年にNBAにアーリーエントリーをし、1巡目全体1位クリーブランド・キャバリアーズに
指名され、NBA入りを果たす
。背番号は『15』を選び、L・ジェイムス(MIA)が
抜けたキャバリアーズの『再建の切り札』として期待が集まる。

【プレイスタイル】
高いバスケIQとパス能力を持った正統派PG
様々なオフェンスパターンに順応することができ、スピード、ドリブル、
視野の広さとPGに必要な要素は全て揃っており、いずれも高い水準である。
積極的に得点を狙うタイプではなく、あくまでの味方を活かすプレイを
第一に考えるタイプ
の選手である。

【AWARDS】
NONE

【Season Hights / Career Hights】
 SHCH
R--
A--
S--
B--
P--


【コメント】
注目の2011年ドラフト1位のPG!!
ロックアウトの影響からカレッジの大物ルーキーがアーリーエントリーを
取り下げていましたが、このアービングはみなが実力を認めるエリート選手。
再建の真っ最中であるキャブスに指名をされ、クリーブランドはL・ジェイムスの
呪縛を解放させる切り札として注目が集まっています。現HCのB・スコットHCからも
すでに太鼓判を押されており、新シーズンに向け準備は万端!!
アップテンポがゲーム展開を好むスコットHCの下どんなプレイを見せてくれるのか
楽しみです。かつてスコットHCの下で成長をしたC・ポール(NOH)のように
いずれはNBAを代表するPGに成長する可能性は大いにあるので注目したいですね!!


【関連記事】
Wikipedia 【K,Irving】

ブログランキングにクリックで当ブログのランキングがアップします!!ご面倒ですがクリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : NBA - ジャンル : スポーツ

11:47  |  NBA Classic  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rk22.blog70.fc2.com/tb.php/535-5a73aa55

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。