2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月


Legend  Denver Nuggets  NewYork Knicks  Los Angeles Lakers  Chicago Bulls  Dallas Marvericks  Boston Celtics  Oklahoma City Thunder  Miami Heat Miami Heat
Los Angeles Clippers  Orlando Magic  Minnesota TimberWoleves  New Jersey Nets  Portland Trail Blazers  Detroit Pistons  San Antonio Spurs  Cleveland Cavaliers

人気ブログランキングへ
来場時に応援クリックをお願いします!!ランキングアップにご協力を^^

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.01.02 (Mon)

RK Classic #151 【D,Gallinari】

クラシック151デンバー・ナゲッツ
ダニーロ・ガリナリ

新年最初のクラシックは敬愛するナゲッツのガロです。
イラストのテーマは【咆哮するガロ】です。
ゾーンに入ったときのガロの吼えた姿をイラストにしてみました。
気に入っていただけましたら【拍手】をよろしくです!!


Danilo Gallinari #3 Away

Danilo Gallinari #3 Home

【名前】 ダニーロ・ガリナリ Danilo Gallinari
【背番号】 8
【年齢】 22歳
【誕生日】 1988/8/8
【身長】 208?
【体重】 102?
【出身国】 イタリア
【現所属チーム】 デンバー・ナゲッツ
【Yeas Pro】 3年目
【ポジション】 SF
【ドラフト】 全体6位(2008) NYK

" 覚醒する可能性を秘めた大器のイタリアン "

【経歴】
2003-2005 カザルプステルレンゴ
2005    オリンピア・ミラノ
2005-2006 エディマス・パヴィーア
2006-2008 オリンピア・ミラノ
2008-2010 ニューヨーク・ニックス
2010-現在 デンバー・ナゲッツ

【スタッツ(10~11)】赤字はCareer Hight
 Career10-11
G17462
GS13960
MPG30.733.9
FG%42.141.4
3P%37.335.2
FT%85.086.2
RPG4.44.9
APG1.51.7
SPG0.80.8
BPG0.50.4
TO1.221.34
PPG13.815.6


【紹介】
イタリア出身の長身シューター。
父親のヴィットーリオ・ガリナリも元プロバスケットボール選手であり
現ニックスHCのマイク・ダントーニとは現役時代ルームメイトであった。
自身は16歳という若さでプロデビューし、2年後の18歳でイタリアA代表に
選出される。2007年にはセリエAオールスターのスリーポイントコンテストで
優勝をし、07~08ユーロリーグの新人王にも選ばれている。
2008年のNBAドラフトにエントリーし、全体6位でダントーニHC率いる
ニューヨーク・ニックスに指名され、NBAの世界に入る。
ダントーニHCには『最も優れたシューターになれる逸材』と言われ評価は
非常に高いが、ルーキーシーズンは怪我で出遅れわずか2試合の出場で終える。
2年目以降は本来の実力を徐々に発揮し平均15得点4.9リバウンドを記録している。
10~11シーズン途中にデンバー・ナゲッツとの大型トレードにより、ナゲッツに移籍。
カーメロ・アンソニーを欠いた新生ナゲッツのエース候補として、周囲からの期待も大きい。

【プレイスタイル】
208センチという長身を持ちながら、類まれなシュートセンスを持つ。
一度入りだすと止まらなくなる典型的なタイプの選手であるため、
好不調の波が非常に激しい。
得意のアウトシュートだけでなく、年々ドライブにも磨きがかかっている。
近年ではファウルをもらう技術を身に付けている。

【AWARDS】
NONE

【Season Hights / Career Hights】
 SHCH
Rebounds-13
Assists-8
Steals-4
Blocks-4
Points-31


【コメント】
新のエースへ今こそ覚醒の時!!
絶対エースのC・アンソニーの後釜としてナゲッツに移籍。
エースの座が空く中、新生ナゲッツは若く有望なタレントが揃っています。
PGのT・ローソンとこのD・ガリナリが新たなナゲッツの核となります。
しかしまだまだ覚醒というには遠く、チームにとってガロの成長、躍進は
必要不可欠です。ナゲッツファンゆえに課題評価な目線になってしまうかも
知れませんが、L・ジェイムスやK・デュラント、C・アンソニーなど
怪物相手でもガロは対等にやりあえる素質や潜在能力はあると思います。
しかし、今はまだその域には達しておらず今後の成長に期待です。

【関連記事】
RK Classic #82 【D,Gallinari】
RK Classic #109 【D,Gallinari】
Wikipedia 【D,Gallinari】



ブログランキングにクリックで当ブログのランキングがアップします!!ご面倒ですがクリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

テーマ : NBA - ジャンル : スポーツ

08:01  |  NBA Classic  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●ご無沙汰してます!

今年もよろしくお願いします!

あのー、一つ相談なんですが…

ガリナリ返品とかダメでしょうか?(笑)
ケンプの運転手 |  2012年01月02日(月) 14:13 |  URL |  【コメント編集】

●>>ケンプの運転手さん

明けましておめでとうございます!
ケンプの運転手さん今年もよろしくお願いしますー!

ガリナリを返品ですか?!
すいませんクーリングオフの期間は過ぎてしまったんですよ(笑)
今やナゲッツの期待のエース候補です。

メロ事変はニックスにとってやはり1つの節目になってしまいましたね。
RK22 |  2012年01月02日(月) 15:00 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rk22.blog70.fc2.com/tb.php/558-99c4497c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。