2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月


Legend  Denver Nuggets  NewYork Knicks  Los Angeles Lakers  Chicago Bulls  Dallas Marvericks  Boston Celtics  Oklahoma City Thunder  Miami Heat Miami Heat
Los Angeles Clippers  Orlando Magic  Minnesota TimberWoleves  New Jersey Nets  Portland Trail Blazers  Detroit Pistons  San Antonio Spurs  Cleveland Cavaliers

人気ブログランキングへ
来場時に応援クリックをお願いします!!ランキングアップにご協力を^^

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.01.08 (Sun)

RK Classic #153 【C,Anthony】

クラシック153ニューヨーク・ニックス
カーメロ・アンソニー

5作目となるメロ!!
テーマは【メロスマイル】です。
個人的には過去のメロの作品の中でも
最高の出来だと思っております。

気に入っていただけたら【拍手】をよろしくです!


Carmelo Anthony #5 Home

Carmelo Anthony #5 Away

【名前】 カーメロ・アンソニー Carmelo,Anhony
【背番号】 7
【年齢】 27歳
【誕生日】 1984/05/29
【身長】 203㎝
【体重】 104㎏
【出身大学】 シラキュース大学
【現所属チーム】 ニューヨーク・ニック
【Yeas Pro】 8年目
【ポジション】 SF
【ドラフト】 全体3位(2003) NYK

" リーグ最高峰のスコアラー "

【経歴】
2003-2010 デンバー・ナゲッツ
2010-現在 ニューヨーク・ニックス

【スタッツ(10~11)】赤字はCareer Hight
 Career10-11
G59877
GS59877
MPG36.435.7
FG%45.945.5
3P%32.237.8
FT%80.683.8
RPG6.37.3
APG3.12.9
SPG1.10.9
BPG0.50.6
TO3.032.68
PPG24.925.6


【紹介】
シラキュース大学出身。
大学時代は全米優勝を果たす。
2003年のドラフトにエントリーし、全体3位指名でデンバー・ナゲッツに入団。
ルーキーイヤーから目まぐるしい活躍をし、低迷していたチームを一気に
プレイオフの常連へと変える。わずか数年でリーグの得点王候補に名前も
挙がり、入団以来ナゲッツの絶対的エースとして君臨し続ける。
キャリア7年目になり、なかなか優勝に届かないチームに不満を感じるよう
になる。2011年オールスター直後の大型トレードによりニューヨーク・ニックスへ
電撃移籍。新天地で悲願の優勝リングの獲得を目指す。

【プレイスタイル】
1on1を最も得意とするリーグ屈指のスコアラー。
ジャンプショットの精度が非常に高く、近年ではスリーポイントの精度も
上がっている。フィジカル能力も長けているため、ゴール下での存在感も
大きく、パワーフォワードもこなすことができる。
主にジャンプシュートやドライブからの得点が多い。そのスタイルゆえ
ファウルをもらうことが多く、フリースローの得点も多い。
しかしディフェンスは未だトップクラスとは言えず、
ディフェンス面での克服がアンソニーの最大の課題と言える。

【AWARDS】
NBA All-Star (2007-2008,2010-2011)
All-NBA 2ndチーム (2010)
All-NBA 3rdチーム (2006-2007,2009)
Rookie Challenge MVP (2005)
All-Rookie 1stチーム (2004)

【Season Hights / Career Hights】
 SeasonCareer
Rebound1122
Assist511
Steal35
Block14
Point3750


【コメント】
リーグ屈指のオフェンシブスコアラー!!
1on1でのオフェンス能力はリーグトップと言っても過言ではなく、
現役選手の中ではオフェンスの1点においては4強に入るでしょう。
しかしながら以前からディフェンスが課題とされております。
決してディフェンス能力が低いわけではないのですが、ディフェンス意識が
薄いのが難点。しかし集中力がマックスに達したときのディフェンスは
相当なものです。もし仮にこのディフェンスの課題を克服することが
出来れば更に選手として飛躍ができるでしょう。

【関連記事】
RK Classic #8 【C,Anthony】
RK Classic #43 【C,Anthony】
RK Classic #65 【C,Anthony】
RK Classic #100 【C,Anthony】
RK Classic SPECIAL



ブログランキングにクリックで当ブログのランキングがアップします!!ご面倒ですがクリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : NBA - ジャンル : スポーツ

10:48  |  NBA Classic  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rk22.blog70.fc2.com/tb.php/563-fe733e54

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。