2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月


Legend  Denver Nuggets  NewYork Knicks  Los Angeles Lakers  Chicago Bulls  Dallas Marvericks  Boston Celtics  Oklahoma City Thunder  Miami Heat Miami Heat
Los Angeles Clippers  Orlando Magic  Minnesota TimberWoleves  New Jersey Nets  Portland Trail Blazers  Detroit Pistons  San Antonio Spurs  Cleveland Cavaliers

人気ブログランキングへ
来場時に応援クリックをお願いします!!ランキングアップにご協力を^^

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.01.11 (Wed)

RK Classic #154 【B,Wallace】

rangerさんよりリクエスト

クラシック154デトロイト・ピストンズ
ベン・ウォーレス

今回のイラストのテーマは【全盛期のベン】です。
バッドボーイズ以来第2の黄金期となったピストンズの
ディフェンスの核として活躍した背番号『3』の頃のベンです。


Ben Wallace Away

Ben Wallace Home

【名前】 ベン・ウォーレス Ben,Wallace
【背番号】 6
【年齢】 37歳
【誕生日】 1974/09/10
【身長】 206㎝
【体重】 111㎏
【出身大学】 バージニア・ユニオン大学
【現所属チーム】 デトロイト・ピストンズ
【Yeas Pro】 16年目
【ポジション】 C
【ドラフト】 NONE

" BIG BEN "

【経歴】
1996-1999 ワシントン・ブレッツ (現ワシントン・ウィザーズ)
1999-2000 オーランド・マジック
2000-2006 デトロイト・ピストンズ
2006-2008 シカゴ・ブルズ
2008-2009 クリーブランド・キャバリアーズ
2009-現在 デトロイト・ピストンズ

【スタッツ(10~11)】赤字はCareer Hight
 Career10-11
G103554
GS90149
MPG30.222.9
FG%47.545.0
3P%12.8-
FT%41.533.3
RPG9.96.5
APG1.31.3
SPG1.31.0
BPG2.01.0
TO0.990.81
PPG6.02.9


【紹介】
アラバマ州ホワイトホール生まれ。
高校時代からバスケットボールとアメリカンフットボールの
2つの競技で注目されるアスリートであった。しかしアメフトでは
高い評価を得ていたが、バスケットボールでスカウトされることは
無かった。ドラフトで指名を受けなかったためイタリアでプレイをする。
1996年にFAで現在のワシントン・ウィザーズにあたるワシントン・ブレッツ
入団をする。NBAの舞台では得意のリバウンドとディフェンスで活躍。
1999年オーランド・マジックに移籍をし、翌2000年デトロイト・ピストンズ
移籍をする。ピストンズに移籍をしたことでベンの才能が開花する。
ピストンズのディフェンスの核として覚醒し、2001年から2006年までの
計4シーズンに渡り最優秀守備選手賞を獲得する。03-04シーズンには
悲願の初優勝に輝いた。まさに全盛期であるシーズンを送った。
2006年に6シーズン在籍したピストンズを離れ、シカゴ・ブルズと契約。
2シーズン後の2008年に大型トレードによりキャリア5チーム目となる
クリーブランド・キャバリアーズに移籍をする。この頃から怪我等により
個人成績が低迷し始め、徐々に輝きを失いつつあった。
2009年にバイアウトされたベンは引退を決意したが、元チームメイトの
T・プリンス、R・ハミルトンの説得により古巣であるピストンズに
戻ることを選んだ。
『NBA史上最高のドラフト外プレイヤー』として語り継がれている。

【プレイスタイル】
NBAを代表する純粋なディフェンシブプレイヤー。
シュート力皆無なためオフェンスでチームに貢献することは
ほとんどないが、それを十二分に補うほどのディフェンス力が最大の売り。
またリバウンド力やブロック力にも特化しており、体脂肪率4%未満の
筋肉質な肉体と、7フッター並のウィングスパンを持ち、高い身体能力、
などなどリーグ内でも屈指のアスリート選手である。
プレイスタイルとしては、オフェンスにあまり関わることは多くなく、
ディフェンスでゴール下の守護神としてブロックやリバウンドで活躍をする。
手首の関節の異常からフリースローの確率は非常に低く、時に
相手チームからわざとファウルをされることもある。

【AWARDS】
NBA Champion (2004)
Defensive Player of the Year (2002-2006)
All-Star (2003-2006)
All-NBA 2ndチーム (2003-2004,2006)
All-NBA 3rdチーム (2002,2005)
All-Defensive 1stチーム (2002-2006)
All-Defensive 2ndチーム (2007)

【Season Hights / Career Hights】
 SeasonCareer
Rebound728
Assist18
Steal56
Block310
Point423


【コメント】
史上最高のドラフト外プレイヤー!!
これまで数々の賞を獲得し、全盛期のベンの右に出る者は居ず。
しかし、その栄光の反面逸話もいくもあり、その中でも有名なのは
『ボストンでのワークアウト』でしょうか。上背が無かったベンは
ワークアウトでシューターとしてコンバートされるものの、以前から
シュート力皆無であったため、早々に解雇された話がありました。
今思うとベンはまさに磨くことでいくらでも輝くダイヤの原石のような
選手でしたね。一度は引退を決意したものの、友情説得で古巣に復帰。
NBAの舞台に立つ時間もそう長くはないかもしれません。ファンの
他におそらく実際の選手たちにも勇気や可能性を感じさせた男、
ベン・ウォーレスの最後の集大成に注目して行きたいです。



【関連記事】
Wikipedia 【B,Wallace】


ブログランキングにクリックで当ブログのランキングがアップします!!ご面倒ですがクリックをお願いします^^
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : NBA - ジャンル : スポーツ

08:40  |  NBA Classic  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●BIG BENありがとううございます!

やった! かっこいいー!
いいなあ いいな こんな風に描けて!

壁紙にしてええ!


ranger |  2012年02月07日(火) 03:14 |  URL |  【コメント編集】

●>> rangerさん

rangerさんこんにちは。
喜んでいただけて何よりです~。
もし要望があれば壁紙化致しますので仰ってください~
(壁紙化の経験がないんで期待にそえるかはわかりませんが)
RK22 |  2012年02月07日(火) 10:04 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rk22.blog70.fc2.com/tb.php/565-b32ea162

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。