2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月


Legend  Denver Nuggets  NewYork Knicks  Los Angeles Lakers  Chicago Bulls  Dallas Marvericks  Boston Celtics  Oklahoma City Thunder  Miami Heat Miami Heat
Los Angeles Clippers  Orlando Magic  Minnesota TimberWoleves  New Jersey Nets  Portland Trail Blazers  Detroit Pistons  San Antonio Spurs  Cleveland Cavaliers

人気ブログランキングへ
来場時に応援クリックをお願いします!!ランキングアップにご協力を^^

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.20 (Sun)

RK Classic #31 【C,Paul】

こんばんは~

NBAもオフシーズンに入り一息つきましたね!
そんな中Classic第31段が仕上がりましたので載せたいと思います!

今回はニューオリンズクリス・ポールです!

Chris Paul

名前:クリス・ポール Chris Paul
背番号:3
年齢:25歳
誕生日:1985/5/6
身長:183㎝
体重:79㎏
出身大学:ウェイクフォレスト大学
現所属チーム:ニューオリンズ・ホーネッツ
ポジション:PG
ドラフト:全体4位(2005)


スタッツ(09~10)赤字は今シーズン上昇

ポイント:18.7
アシスト:10.7
リバウンド:4.2
ブロック:0.2
スティール:2.1
ターンオーバー:2.5


" 現役最高PGの呼び声高きはニューオーリンズの若獅子 "

まだ弱冠5年目にしてすでに現役No,1PGの呼び声が高いこのクリス・ポール。
高校時代からすでに地元ではスーパースター、高校のオールスターである
マクドナルドにも選出される。
高校卒業後、ウェイクフォレスト大学に進学しルーキーイヤーからチームを
牽引し、様々な賞を獲得した。

その後、3年に進級する前にNBAにアーリーエントリーする。
この年のドラフトは、デロン・ウィリムス(UTAH)、レイモンド・フェルトン(CHA)、
ネイト・ロビンソン(BOS)など今ではNBAの新時代を担うPGが多いドラフトとなった。
そんな中クリスはデロンに次いで4位でホーネッツに指名された。
このルーキーシーズンでは16.7得点7.8アシスト5.1リバウンド2.2スティールという
数字を叩き出し、デロンを抑えてほぼ満票でこの2005年ドラフトの新人王に輝く。

07~08シーズンはクリスやホーネッツにとって大きな年となる。
チームは大きな怪我人も出ず、クリスは実力を完全に開花させた。
チームは56勝を記録しこの年地区優勝にも輝く。
クリス自身は21.1得点11.6アシスト4リバウンド2.7スティールという成績で
アシスト王スティール王の2冠に輝く。
しかしプレイオフではカンファレンスセミファイナルでスパーズに敗れ涙を呑んだ。

翌年の08~09シーズン、前年以上の活躍が期待されたが、主力メンバーの怪我が目立ち
成績が落ちる結果となる。
09~10シーズンではクリス自身が怪我に悩まされ、チームもプレイオフを逃しチームは
まるで再び暗いトンネルに入るような形となった。



NBAを代表とするPGに登りつめたこのクリス・ポール!
ルーキーイヤーから毎シーズン毎シーズン成長を続け、まだ5年目なのに
KID(DAL)やナッシュ(PHX)らと肩を並べているという恐ろしい男!
私がクリスのポールを見て毎回すごいと思うのが、パスやスティールではなく
「ドライブ」ですね~ AIやナッシュ、ロンドのドライブは見てて「速い!」と
テレビ越でも感じるんですが、クリスのは「あれ?そんなに速く見えないのに抜いてる
って感じなんです^^;
おそらくスピードの緩急のつけ方が恐ろしく上手いでしょう!
抜くとき、最初の一歩を出すときの動作を速くし、すると相手は急に緩急が変るもんだから
対応が遅れちゃうんでしょうね。
自分も中学、高校、今現在とバスケを続けてるんですが、ディフェンスからすれば
ずっと速く動かれるのも大変ですが、最初の一歩が速いとなかなか反応しずらいんです^^;

もちろんスピードはトップクラスなんでしょうけど、従来の「速い」PGというよりも
「巧い」PGといった感じですかね!パスもシュートも緩急の付け方も巧い・・!

個人的にはこのクリス・ポールやトニー・パーカー(SAN)のプレイは日本人の
お手本になると思いますね~
・・・とはいっても真似できないぐらい技術は高いでしょうけど。。^^;苦笑


今年は怪我に苦しみ、けが人も続出したホーネッツにあえて朗報を出すとしたら
控えPGのダレル・コリソン(PG)の成長でしょうか!
まぁ、何にしてもチャンドラー(C)を放出しオカフォーを獲得し、クリスとチャンドラーの
ラインをなくしたことが何よりの間違いだったのでは・・・?
そろそろクリスも優勝という2文字が本当に欲しくなってくるでしょうし、
また来季に期待ですね^^



それでは今日はこのへんで!
ではでは~
スポンサーサイト
21:59  |  NBA Classic  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rk22.blog70.fc2.com/tb.php/68-fc32ede2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。